Latest Entries

京都文化博物館「保存と修理の文化史」、京博「豪商の蔵」、奈良博「薬師寺の名画」、東大寺ミュージアム「二月堂修二会」鑑賞記

2月17日
京都文化博物館
 保存と修理の文化史
(1月5日~3月4日)

 日本の歴史上において、折々の価値観において重要と認識された資料が、管理され、修理され、継承されてきた事例を丹念に拾い起こし、その心性(作善、権威の継承、組織の継承等)を浮かび上がらせるとともに、修理に携わった人々の存在をクローズアップする。誓願寺文書の箱や巻子外装に幾度も貼られた付箋、薬師寺吉祥天像の旧下地・表装類、きらびやかな絵画の背面に記された修理銘など、極めて地味な、しかし輝くように重要な、モノの伝来史を伝える情報に光を当てる貴重な機会。奈良国立博物館仏涅槃図は、画絹の左半分は南北朝時代、右半分は元禄16年(1703)の補筆とのことであるが、全く判別できず自信喪失(画絹の劣化度に違いがあるらしいことは分かる)。図録あり(64ページ、1300円)。

京都国立博物館
 特別企画 貝塚廣海家コレクション受贈記念 豪商の蔵-美しい暮らしの遺産-
(2月3日~3月18日)

 貝塚の豪商廣海家より寄贈された1000件の資料の中から、近世~近代の優品をずらり展観。漆器の状態がよく、管理が行き届いていたことを思わせる。大正期の膳具を数十個ずらりと並べる展示手法は大迫力。図録あり(164ページ、1500円)。
 彫刻の展示では、久しぶりに安祥寺五智如来像にご対面。旧館の展示とは異なり、横一列に並ぶのも新鮮な印象。いろいろな獅子・狛犬と神像もじっくり。

奈良国立博物館
 特別陳列 お水取り
 特別陳列 薬師寺の名画-板絵神像と長沢芦雪筆旧福寿院障壁画-
 特集展示 名もなき知識、発願者たち(写経編) 
(2月6日~3月14日)

 恒例「お水取り」を地域博物館としての役割により開催しつつ、収蔵品を活用した特別陳列・特集展示を重ねる。「薬師寺の名画」では南都絵所吐田座の尭儼の手になる板絵神像の修理(H11~13年)と模本作製(H20~25年)事業、そして長沢芦雪筆の旧福寿院障壁画の修復事業(H25~29年度)が完了した記念に全点を公開。板絵神像は法体・俗体・女体からなる22神。寛治年間(1087~94)の絵を永仁3年(1295)に写したもの。図録(64ページ、1000円)にはこれとよく似る新出個人蔵板絵神像(伝手向山八幡伝来)が紹介され、南都の絵師における古画学習と図様継承の実態がより詳細に判明。ずらり並ぶ初見の芦雪画はゆったり鑑賞できて贅沢。

東大寺ミュージアム
 特集展示 二月堂修二会
(2月2日~3月15日)

 3月1日からの修二会に合わせた特集展示。天文14年(1545)亮順筆の二月堂縁起上巻を大きく開く(下巻は奈良博お水取り展で展示中)。詞書は後奈良天皇と尊鎮法親王。当面の仕事に合わせて絵巻モード。図録なし。

高野山霊宝館「密教の美術-霊宝館収蔵宝物お蔵出し!」鑑賞記

1月20日、2週間ぶりの休みで、寒さも少しやわらいでいるので、ようやく高野山へ向かう。

高野山霊宝館
 密教の美術-霊宝館収蔵宝物お蔵出し!-
(12月9日~4月8日)

 これまでに展示機会の少なかった資料を中心に公開。初公開の能・狂言面5面は、中将とされる男面の面裏に「真徳院作」と刻銘があり、古沢厳島神社の慶長15年(1610)銘悪尉の作者と同人で貴重な発見。目の見開きの大きい表情など近世能面としての定型化が見られないのも共通。残りの笑尉・万媚・小飛出・見徳(赤鶴作銘あり)は室町時代の制作。万媚とされる若い女面は額が広くて古様。5面が重なって箱に収まっていたとの由。高野山周辺の神社などに伝来したか。ほか戦国~桃山期の在銘鉄製吊灯籠、高屋肖哲など近代期仏画など紹介。護摩灰を型に詰めて作った大師御手形弁才天十五童子像をきちんと江戸時代の資料として位置づけて紹介しているのも誠実。図録なし。

鑑賞後、胡麻豆腐と餡入生麩を買って、高野山御手印縁起の東端ラインをたどって山を降り、帰宅。

細見美術館「末法」、京都文化博物館「至宝をうつす」、京博「いぬづくし」「梵音具」鑑賞記

12月20日
細見美術館
 末法/Apocalypse-失われた夢石庵コレクションを求めて-
(10月17日~12月24日)

 宗教美術を中心とした資料群をフィクションによって結びつけて集約し、展示自体を一つの物語として提示する。伝来場所より切り離された美術資料を個人が「収集」し「所有」する行為を前景化させつつ作品との対峙を促すもので、それゆえ伝来情報も資料の価値評価もまた各自が対峙し判断するべき要素となる。公立館では不可能な、個人コレクションに基づく私立美術館ならではの挑戦的な展示。近時詳細が報告された道隆寺旧蔵の天部立像(清水眞澄「香川・道隆寺旧蔵木造天部立像と、いわゆる「獅噛」について」『国華』1454、2016)、像内に記された天文12年の修理銘により興福寺子院伝来と分かる弥勒菩薩立像、伝来不詳ながら格調高い随身坐像、集約された「伝」金峯山出土の鏡像群をじっくり鑑賞。図録あり(208ページ、3000円)。

京都文化博物館
 便利堂130周年記念 至宝をうつす-文化財写真とコロタイプ複製のあゆみ-
(12月16日~1月28日)

 絵画・古文書の精細な文化財複製の制作に携わる便利堂によって継承されてきたコロタイプの技術と印刷されたさまざまな「作品」を提示。法隆寺金堂壁画はその写真撮影の様子を示しつつ、原寸大のコロタイプ印刷(モノクロ)12幅が一室にずらりと懸けられ壮観。蒙古襲来絵詞や地獄草紙の複製など、その再現度の高さに改めて気づく。図録あり(52ページ、972円)。

京都国立博物館
 新春特集展示 いぬづくし-干支を愛でる-
(12月19日~1月21日)

 平成30年の干支にちなんで犬の表された作品をチョイス。京丹後市・竹野神社の等楽寺縁起絵巻、栗棘庵石清水曼荼羅のほか、館蔵の獅子・狛犬、仏涅槃図など。リーフレットあり(A3二つ折り、無料》。

 名品ギャラリー 梵音具
(12月19日~1月28日)

 金工室の特集。最古の紀年銘がある長承3年(1134)銘鉦鼓、称名寺剱阿の室生寺への寄進銘がある梵字を墨書した銅鑼など、鉦鼓・鰐口・錫杖頭・磬が並ぶ。

永青文庫「細川家と天下泰平」、慶應義塾大学図書館「空海と密教の典籍」、神奈川県立金沢文庫「唐物」鑑賞記

12月14日、会議出席のため早朝から東京へ出立し護国寺へ。お昼までで会議が終了したので、永青文庫・斯道文庫・金沢文庫と文庫巡り。

永青文庫
 熊本大学永青文庫研究センター設立10周年記念 細川家と「天下泰平」-関ヶ原からの40年-
(12月9日~1月28日)

 細川家文書を活用して、藤孝・忠興・忠利の細川三代における戦乱から治世への転換期の動向を提示。細川忠興像、細川忠利像や、当主と家臣・家臣団との関わりを示す古文書、島原・天草一揆関係の古文書など、熊本大学永青文庫研究センターにおける着実な研究成果の報告展。慶長10年細川忠利自筆血判起請文(道家伝三郎宛)は那智山の牛王宝印を使用。季刊永青文庫第100号(30ページ、300円)に展示概要あり。平成27年度の「細川家起請文の世界」展の図録がこのたび発行されており(56ページ、1500円)購入。

慶應義塾大学図書館展示室
 センチュリー文化財団寄託品展覧会 空海と密教の典籍
(11月13日~12月15日)

 慶應義塾大学斯道文庫に寄託されるセンチュリー文化財団の資料から、真言密教に関係するものを、中世資料を中心に紹介。南北朝時代の恵果像、室町時代の弘法大師像のほか、弘法大師請来目録(天文4年、高野山往生院二階堂にて書写)、金剛三昧院伝来(か)の秘密曼荼羅十住心論(高野版)、善集院伝来(か)の性霊集(享禄2年、小田原中生院書写)など、高野山関係資料が充実。工芸品では把手の部分に四方に仏面を配した五鈷鈴が珍しいもの。第2会場のアートセンターでの展示は既に会期終了で見逃す。図録あり(26ページ、無料)。

神奈川県立金沢文庫
 特別展 唐物-中生鎌倉文化を彩る海の恩恵-
(11月3日~1月8日)

 鎌倉時代における中国憧憬とその文化の伝播、受容の諸相を、称名寺聖教・金沢文庫文書から浮かび上がらせるとともに、大陸よりもたらされた輸入品である「唐物」を実資料により紹介。称名寺・円覚寺・清浄光寺・神奈川歴博の青磁群(南宋~元)、清雲寺観音菩薩坐像(南宋)、泉涌寺月蓋長者立像・韋駄天立像(南宋)、称名寺陸信忠筆十王図(元)、建長寺白衣観音像(元)、円覚寺五百羅漢像(元)など。もう一つのテーマとして、入唐僧恵蕚(えがく)と普陀山に注目。恵蕚書写本により校正された金沢文庫旧蔵白氏文集(三井記念文庫美術館蔵)を示しつつ、恵蕚が創始した聖地普陀山と東アジアに広汎に展開した普陀山観音の伝播という観点で、請来観音像を定位する。称名寺伝来の明代の画軸が、まさにその普陀山内(舟山群島龍樹庵)に伝来した普陀山観音像と判明したのも貴重。図録あり(152ページ、1800円)。

島根県立古代出雲歴史博物館特別展「島根の仏像」鑑賞記

11月30日、担当特別展の展示替え期間ながら、順調に作業を進めて奇跡の中休みを確保して、出雲へと向かう。

島根県立古代出雲歴史博物館
 特別展 島根の仏像-平安時代のほとけ・人・祈り-
(10月20日~12月4日)

 島根県内に伝来する特色ある平安時代彫像を集約して公開する。清水寺十一面観音立像(9c)、萬福寺(大寺薬師)薬師如来坐像・四天王立像、佛谷寺薬師如来坐像・菩薩立像、禅定寺聖観音立像・阿弥陀三尊像などの9~10世紀彫像を極力地域史の中に位置づけつつ、曖昧な「出雲様式」の枠組みに押し込めずに関連諸像との比較の中で特徴を抽出する態度を徹底。新資料として、雲南市長安寺の引き締まった体躯の十一面観音坐像と、古様な髻と華麗な冠繒(右手分は後補)が特徴の菩薩坐像、出雲市日藏寺の像の大半を一木より木取りする十一面観音立像、華麗な宝冠を体幹部と同木から彫出する大日如来坐像など、近年の着実な調査成果も提示。金剛寺馬頭観音坐像、華蔵寺薬師如来坐像など平安時代後期彫像も多数。ほか神像では、高い髻と襟を立てた衣の萬福寺老僧神坐像(10~11c)と拱手した法体の櫛代賀姫神社僧形神坐像がともに法量も大きく重要な作例。図録あり(190ページ、1944円)。側面や背面の図版も極力掲載していて重要な研究資料となるもの。
 帰りに安来清水寺に立ち寄ってご参拝。

茶道資料館 「仏教儀礼と茶」鑑賞記

11月23日、京都での仕事の後、茶道資料館に駆け込む。閉館時間が早く、滑り込みセーフ。

茶道資料館
 特別展 仏教儀礼と茶―仙薬からはじまった―
(10月3日~12月3日)

 仙薬としての茶の役割とそれが受容される仏教儀礼の場に着目して資料を集める。星宿に除災や長寿を祈る北斗法では祭壇上に茶と菓が献じられることを北斗曼荼羅や聖教類から提示し、また中国・天台山における羅漢信仰と山中の石橋での羅漢への呈茶について宋元代のものを初めとする羅漢図や古記録から示すなど、中国における「茶」のパワーの重視とその文化の流入期のようす、信仰との関わりについて認識を新たにする。東京国立博物館三宝絵詞(国宝)、大徳寺五百羅漢図(重文)、個人像上堂図、東福寺参天台五臺山記(重文)など。図録あり(116ページ、2160円)。

大津市歴史博物館「大津の都と白鳳寺院」鑑賞記

11月15日
大津市歴史博物館
 遷都1350年記念企画展 大津の都と白鳳寺院
(10月7日~11月19日)

 天智天皇6年(667)に建都された大津京の姿と仏教との深い関わりを、主に出土した瓦と塑像断片から紹介するとともに、当該時期とその前後に渡る日本・中国・朝鮮半島の塼仏・金銅仏の優品を集約して、白鳳期仏教美術の特徴を浮かび上がらせる。崇福寺・南滋賀町廃寺・穴太廃寺等の出土資料とともに、塑像・塼仏の比較のため川原寺・山田寺・橘寺・二光寺廃寺・夏見廃寺出土資料等もずらり紹介。金銅仏では、注目の妙傳寺如意輪観音半跏像、東博小倉コレクションの菩薩半跏像、四天王寺の誕生釈迦仏など朝鮮半島の作例、東京芸大菩薩立像、焼損痕のある四天王寺菩薩半跏像、岡寺菩薩半跏像、那智経塚出土の金銅仏群などの白鳳時代の作例がずらり。感嘆。図録あり(160ページ、1800円)。

奈良国立博物館「正倉院展」、天理大学附属天理参考館「天理図書館 古典の至宝」鑑賞記

11月13日
奈良国立博物館
 第69回 正倉院展
(10月28日~11月13日)

 最終日に滑り込み。お昼に重なったからか、並ばず入館できる。今年は緑瑠璃十二曲長坏がメイン。羊木﨟纈屏風と﨟蜜、﨟蜜袋を並べ、楽器では尺八2管と箜篌の残欠と復元品。会場には尺八の音が響く。伎楽面と錫杖をじっくりと鑑賞しておく。図録あり(152ページ、1200円)。なら仏像館では室生寺の弥勒菩薩立像、釈迦如来坐像がさらりと並んで豪華。

天理大学附属天理参考館
 特別展 天理図書館 古典の至宝-新善本叢書刊行記念-
(9月16日~11月27日)

 天理図書館に収蔵される古典籍の善本叢書刊行を記念して、対象資料を3期に分けて展示。日本書紀神代巻(国宝)、古語拾遺の暦仁元年(1238)本(重文)、石清水八幡宮権別当田中宗清願文案(重文)、源氏物語池田本、奈良絵本「鼠の草子絵巻」「熊野の本地」(伝十市遠忠筆)、ほか井原西鶴や松尾芭蕉関連資料など。奈良絵本「ひだか川」は第2期(~11/6)の展示だった。しまった。図録あり(64ページ、1000円)。

国立能楽堂「黒川能「鐘巻」」「野崎家能楽コレクション」、東博「運慶」「室町時代のやまと絵」鑑賞記

11月11日、黒川能鑑賞のため日帰りで東京へ。
東京国立博物館
 特別展 運慶
(9月26日~11月26日)

 2回目。長岳寺阿弥陀三尊像のうち中尊と観音像が退き、勢至菩薩像が居残り。代わって瑞林寺地蔵菩薩坐像がお出まし。正面は十重二十重の人垣であるので、横に回って長岳寺像と瑞林寺像の側面観を比較。中金堂四天王像(元南円堂安置)も見納め。これとの比較で検証した東大寺持国天像についての拙稿はすっかり埋没。書いた本人が15年放置すればそりゃそうなる。そろそろ再始動。

特集 室町時代のやまと絵-絵師と作品-
(10月24日~12月3日)

 室町時代における絵画のジャンルとしての「やまと絵」に注目して、東博収蔵の優品を並べる。伝土佐光重筆浜松図屏風、清凉寺融通念仏縁起絵巻、伝土佐光信筆桃井直詮など。図録あり(72ページ、1000円)。所収の土屋貴裕「室町時代のやまと絵をめぐる問題」における「やまと絵とは何か」という問いと答えの思考の往還が興味深い。言葉にした途端につるりと逃げ出す感覚。

国立能楽堂資料展示室
 特別展 備前池田家伝来 野﨑家能楽コレクション
(10月4日~12月15日)

 岡山県・野﨑家塩業歴史館に収蔵される、備前池田家伝来能資料を公開。大正期の売り立て資料を、池田家との深い関わりのなかで野﨑家が入手、秘蔵してきたもの。近世の大名面の優品を壁一面にずらりと並べて圧巻。小獅子(悪鬼)の作者「越前国/川瀬勝三郎/光廣(花押)」銘は、越前出目家初代の可能性もあるが不明。ほか天下一友閑の作面も多数。能装束では、ちょうど上演される「鐘巻」に合わせて(多分)白地鱗文様摺箔を出陳。図録あり(120ページ、2500円)。

国立能楽堂
 特別企画公演 黒川能
(11月10日~11月11日)

 三部立てのうち、第二部の能「木曾願書」、狂言「こんかい」、能「鐘巻」を鑑賞。鐘巻はシテの上野由部太夫の気合い充実の名演に感動。「鐘巻」をもとに改作された「道成寺」ではよく分からなかった所作の一つ一つにきちんと意味があることを実感。その詞書における日高平野を押さえた湯川氏の館があった小松原の強調、道成寺鎮守〈明神〉の組み込み(住吉明神)、完成した道成寺創建縁起、そして改変し完成した道成寺説話、「造立さって七百歳」の基準点は明示されないが15世紀成立を暗示することなど、地域史研究の立場から興味深いことばかりであるが、それらの膨大な情報が、きちんと一つの舞のストーリーとして成立していて破綻がない。次は黒川の現地で見たい!

有田市郷土資料館「念仏行者徳本」、龍谷ミュージアム「地獄絵ワンダーランド」ほか

11月9日、午前中に代休取って有田市へ。
有田市郷土資料館
 特別展 念仏行者徳本-200回忌記念-
(10月14日~12月10日)

 江戸時代後期に全国で熱狂的に信仰された紀伊国出身の浄土宗僧徳本について、和歌山県内の博物館で初めて開催された本格的な徳本展。西法寺徳本上人坐像、誕生院徳本上人絵伝、往生寺徳本上人縁起絵巻のほか、さまざまな種類の六字名号も集める。地域に残る資料によって徳本を丁寧に浮かび上がらせる好展示で、近世仏教史の観点からも重要な作業。さらに新資料が見いだされそう。図録あり(56ページ、500円)。

11月10日、仕事を16時で切り上げて京都へ走る。
龍谷ミュージアム
 特別展 地獄絵ワンダーランド
(9月23日~11月12日)

 中世~現代の地獄表現の諸相を一望する。近世において受容されたゆるくかわいく魅力的な地獄絵をクローズアップするとともに、そうした「ゆるい」地獄絵の成立過程を、中世以来の地獄表現の展開の中に系統づける。壬生寺十王図や當麻寺中之坊十王図から、宋・元の十王図の日本での写しのあり方を確認。當麻寺の宿院仏師作の十王像(うち3軀)や東光寺の木喰明満作の十王像も興味深く鑑賞。図録あり(226ページ、2000円)。

京都国立博物館
 開館120周年記念特別展覧会 国宝
(10月3日~11月26日)

 2回目。夜間開館。仁和寺北院旧安置の檀像薬師如来坐像をじっくりと鑑賞。この極小の像と向かい合う、間もなく帰る巨大な金剛寺大日如来坐像も、改めて新鮮な目で鑑賞。曼殊院の不動明王像(黄不動)も間近でありがたく拝見。夜も人多い。

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索