FC2ブログ

Latest Entries

奈良国立博物館「法隆寺金堂壁画写真ガラス原板」「おん祭と春日信仰の美術」「新たに修理された文化財」鑑賞記

奈良国立博物館
 重要文化財 法隆寺金堂壁画写真ガラス原板-文化財写真の軌跡-
(12月7日~1月13日)

 昨年保存修理が完成した昭和10年撮影法隆寺金堂壁画ガラス原板(重文)のお披露目に際して、近代における文化財写真による記録の軌跡を紹介。東京国立博物館の旧江戸城写真帳(H12重文指定)、同写真原版(H13重文指定)、壬申検査関係写真(H15重文指定)、臨時全国宝物調査関係資料(H28重文指定)の写真や宝物精細簿、法隆寺と便利堂の法隆寺金堂壁画写真原板とガラス原板(H27重文指定)がずらり並び、国による文化財としての「文化財写真」保存の達成点をも提示する。ガラス原板と模写と焼損後壁画の高精細写真と会場内映像コンテンツで再現された法隆寺金堂壁画の隔絶された高い芸術性を堪能。図録あり(112ページ、2300円)。
 
 特別陳列 おん祭と春日信仰の美術-特集 春日大社にまつわる絵師たち-
(12月7日~1月13日)

 春日若宮おん祭の光景を多数の絵画資料で紹介するとともに、中世後期の南都絵所絵師、近世・近代の春日絵所絵師に注目して、春日社と絵師の関わりにクローズアップして資料選定。とくに江戸中・後期の春日絵所の展開(勝山琢眼→原在照)や活動について、古記録や粉本類を活用して明らかにしており有益。図録あり(80ページ、1500円)。

 特集展示 新たに修理された文化財
(12月24日~1月13日)

 昨年度修理完成した館蔵品・寄託品のお披露目。館蔵の絹本著色親鸞聖人像(熊皮御影・重文)、釈迦十六善神像、聖護院役行者八大童子像、達磨寺玄奘三蔵十六善神像と重要な大幅の作品がずらり並んで壮観。彫刻では元吉野山個人蔵で館蔵となった弘安九年(1286)慶俊作役行者倚像、元興寺町共和会の10世紀の大日如来坐像(県指定)。配布資料なし。

和歌山大学紀州経済史文化史研究所 「七宝瀧寺と志一上人-葛城修験二十八宿の世界-」鑑賞記

12月6日、すぐ近くなのに終了間際に滑り込む。
和歌山大学紀州経済史文化史研究所
 特別展 七宝瀧寺と志一上人-葛城修験二十八宿の世界-
(10月31日~12月13日)
 葛城修験の歴史と文化について、犬鳴山七宝瀧寺伝来資料を中心に紹介し、同寺中興志一上人に関わる伝承についてもフォロー。七宝瀧寺の金銅装笈(室町)、建久六年摩利支天法、不動明王八大童子像(室町)のほか、粉河寺の粉河寺御池海岸院本尊縁起(江戸)、神於寺の神於寺縁起絵巻模本(明治)、根来寺の根来寺伽藍古絵図(複製)など。紀の川市梵釈寺の至一上人像は応安元年(1368)着賛の頂相。ありがたく鑑賞。図録あり(16ページ、無料)。

三重県総合博物館「三重の仏像-白鳳仏から円空まで-」鑑賞記

11月27日
三重県総合博物館
 企画展 三重の仏像-白鳳仏から円空まで-
(10月5日~12月1日)

 同館の開館5周年を記念して、満を持しての仏像展。冒頭から白塚地区自治会連合会(津市)の如来立像、鳥居古墳出土押出仏など7世紀の作例、慈恩寺(亀山市)薬師如来立像、瀬古区(津市)十一面観音立像、常福寺(津市)千手観音立像、普賢寺(多気町)普賢菩薩坐像、伊奈冨神社(鈴鹿市)男神坐像の9世紀彫像がずらりと並び、10~12世紀彫像の数々、新大仏寺(伊賀市)如来坐像や新発見の安楽寺(松坂市)阿弥陀如来立像・地蔵菩薩立像の快慶仏、明福寺(菰野町)両面仏などの円空仏まで、列記が追いつかないほどの県内の重要作例を集約して、7世紀から17世紀の間の三重県の仏像千年史を叙述した充実の内容。近長谷寺(多気町)の像高6.6mの十一面観音立像写真測量図スクリーン(原寸にどうしても高さが60㎝足りなかったとの由)も本来の姿をうかがう上で貴重な情報を伝えるもので、ナイスアイデア。必見。図録あり(144ページ、1400円)。瀧川和也「総論 三重の仏像」のほか、藤田直信「松坂市安楽寺とその仏像」、山口隆介「三重・安楽寺所蔵「安阿弥様」二作品のX線CTスキャン調査報告」、拙稿「熊野の仏師浄慶」所収。鑑賞後、三重県文化財講習会にて登壇。

東京国立博物館「正倉院の世界」鑑賞記

11月23日
東京国立博物館
 御即位記念特別展 正倉院の世界-皇室がまもり伝えた美-
(10月14日~11月24日)

 即位記念の正倉院宝物東京出開張。古代アジア文化の精華が凝縮された正倉院宝物及び東博所蔵法隆寺献納宝物とをコラボレーションさせながら紹介。国家珍宝帳を冒頭に、平螺鈿背八角鏡、鳥毛帖成文書屏風、幡残欠や花氈など多数の染織類、蘭奢待ほかの香木、螺鈿紫檀五弦琵琶、伎楽面、漆胡瓶、白瑠璃碗ほかガラス製品等々が並び、開封時や修理時の記録や古写真も紹介。会場入口に正倉扉(の造作)・海老錠・櫃を配置して「開扉」を、会場出口の鍵をかけた原寸大正倉扉で「閉扉」を示して、会場全体で正倉の開封・宝物開陳・勅封を追体験するよく錬られた空間作り。「正倉院」の守り伝える機能にコミットし、国立博物館らしい文化財保護のスタンスを明確に提示した地に足のついた展示。図録あり(270ページ、2700円)。鑑賞後、文化財活用センターシンポジウム「複製がひらく文化財の未来」に登壇。

静岡県富士山世界遺産センター「富士山の曼荼羅」、富士山かぐや姫ミュージアム「瑞林寺地蔵菩薩坐像と富士市のお地蔵さま」鑑賞記

11月22日
静岡県富士山世界遺産センター
 企画展 富士山の曼荼羅-参詣曼荼羅にみる富士山信仰の世界-
(10月12日~11月24日)

 富士曼荼羅・富士山参詣曼荼羅6幅の複製を並べて富士信仰の諸相を紹介し、あわせて身録曼荼羅(ふじさんミュージアム)なども紹介して、霊山としての富士山の描かれ方を示す。リーフレットあり(A3両面)。多数の映像で富士山の歴史・文化・魅力を紹介する常設展示は、富士登山に擬してぐるぐると螺旋に登る動線で、これもまた富士塚の一つだと感心。神仏分離による富士山下山仏が民間で守られているとのことで、移動する仏像事例として興味深い。

富士山かぐや姫ミュージアム
 秋のテーマ展 瑞林寺地蔵菩薩坐像と富士市のお地蔵さま
(9月28日~12月15日)

 瑞林寺地蔵菩薩坐像の像内銘が見出されて40年。その調査・指定・研究の展開を示しつつ、富士市内の地蔵信仰の分布とともに伝来する仏像等を紹介する。一室に修理前の姿を写している瑞林寺地蔵菩薩坐像の複製を中心に、修理時に取り外した両手部材や元禄9年の福寿山瑞林寺記ほかを並べ、□慶→雲慶→運慶→康慶と推移した40年間の学術調査の流れをパネル化。もう一室に市内各地の地蔵菩薩立像・閻魔王像ほかを展示。仏像は全て江戸時代との評価だが、個性的な風貌で耳の形状が中世風の天澤寺地蔵菩薩立像や、厚く塗り直されているもののやや角張った体型の子安地蔵堂地蔵菩薩坐像は室町時代に遡るかも。リーフレットあり(A3両面)。過去の図録をまとめ買い。

兵庫県立歴史博物館「お城ができる前の姫路」、大阪市立美術館「仏像 中国・日本」鑑賞記

11月17日
兵庫県立歴史博物館
 特別展 お城ができる前の姫路
(10月5日~11月24日)

 姫路の中世史を、寺社と地域史、赤松氏と地域支配の観点から紹介する、同館の調査研究活動を集大成した展示。円教寺性空上人坐像(寛弘4年〔1007〕の可能性)、円教寺根本薬師堂伝来の舎那院薬師如来坐像、南宋・嘉煕元年(1137)造像の法恩寺菩薩坐像、正八幡神社男女神坐像、八正寺の文保2年(1318)銘)鬼面、津田天満神社の北野天神縁起絵巻(重文)のほか、中世文書を多数集めて地域史を立体的に叙述する。お目当ては大覚寺の天正17年(1589)芝琳賢筆の当麻曼荼羅図。中近世移行期の南都絵所絵師の画風をしっかりチェック。芝琳賢は天文頃と天正頃に活躍した二人がいるが、本図の旧軸木には「後之琳賢」との呼称が用いられている点は重要で、『多聞院日記』の「前ノ琳賢」〔文禄2・12・14条〕の表記(拙稿「南都絵所座の後裔」『仏教史研究』34、1998)と対になるもの。図録あり(1900円、192ページ)。

大阪市立美術館
 特別展 仏像 中国・日本-中国彫刻2000年と日本・北魏仏から遣唐使そしてマリア観音へ-
(10月12日~12月8日)

 中国の仏像様式の展開とその日本への伝播の2000年史を、請来された国内の仏像の数々を集めて紹介。北魏~唐の石仏は同館中国仏像コレクションをフル活用してその意義と重要性を自ら高める。堺市博観音菩薩立像・神福寺十一面観音立像の隋唐の檀像、観心寺聖僧坐像・善願寺僧形坐像・浅草寺僧形坐像の唐代木彫像、泉涌寺楊貴妃観音(~10/20)・清雲寺観音菩薩坐像・仁和寺観音菩薩坐像の南宋木彫像、隠元所持の泉涌寺釈迦如来坐像・萬福寺韋駄天立像・長崎奉行伝来のマリア観音像など明清・黄檗彫刻と、そのかたちの特徴とともに、真の仏像を希求し中国から請来した人々とそれを継承し続けた信仰の歴史を展示室内に浮かび上がらせる。図録あり(202ページ、2200円)。

高野山霊宝館「祈りのかたち-密教法具の世界-」鑑賞記

11月16日
 高野山霊宝館
 企画展 祈りのかたち-密教法具の世界-
(10月12日~1月13日)

 金剛峯寺はじめ山内子院に伝来した密教法具の歴史を体現する重要資料をずらり展観。唐招来品として、大ぶりで鋭利に尖った独鈷杵(金剛峯寺・重文)、四天王独鈷鈴(金剛峯寺・重文)、五大明王五鈷鈴(正智院・重文)。ほか招来品では宋代の梵釈四天王五鈷鈴(竜光院・重文)、元~明の九鈷杵・九鈷鈴(金剛峯寺)、七鈷鈴(竜光院)、近代のネパールの八鈷杵・八鈷鈴まで。伝覚鑁所持の三鈷杵(宝寿院)、伝行勝所持の三鈷杵(蓮華定院)など所持者との関わりも密教法具の場合重要。なお弘法大師所縁の一山の重宝飛行三鈷杵は今回未出陳。調伏に用いられた特殊な三角炉もさらりと展示(第二次世界大戦時に使用?)。錦秋の高野山で密教法具三昧で充実。図録なし。

【広報】松原市教育委員会文化財調査成果報告会「来迎寺の歴史と寺宝」

情報をいただきましたので、お知らせします。

松原市教育委員会文化財調査成果報告会
来迎寺の歴史と寺宝


概要
 来迎寺は松原市丹南に所在する融通念佛宗の中本山格寺院です。中世から本山を支えてきた有力な講集団である六別時の一つ十箇郷別時の辻本寺院で、江戸時代には南河内に多くの末寺を抱え、丹南藩主高木家の菩提寺でした。
 松原市文化財保護審議会委員の西田孝司氏によるこれまでの調査で、本堂棟札や山門奉納の観音経などの史料が確認され、松原市周辺への融通念仏信仰の広がりや丹南藩の実態を知るうえでの重要さが指摘されてきました(松原歴史ウォーク187,188,189,205,226,260『広報まつばら』)。
 松原市教育委員会では、文化財総合調査により、文亀2年(1502)に真言僧の行慶が関わって制作された「融通念仏縁起絵巻」などこれまで来迎寺が寺宝として守り継いできた様々な文化財を確認することができましたので、成果報告会を開催いたします。
 また、来迎寺の歴史と寺宝をより深く理解いただくため、大阪歴史博物館副館長兼学芸課長の大澤研一氏に基調報告、各分野の報告後には松原市文化財保護審議会委員の西田孝司氏に総括のコメントをいただきます。

日時:令和元年(2019)12月14日(土) 午後13:30~16:30(13:00から受付開始)
会場:まつばらテラス(輝) 3階多目的ホール
   〒580-0044 大阪府松原市田井城3丁目104番2
   近鉄南大阪線「高見ノ里駅」下車、北に徒歩約7分。「河内松原駅」下車、西に徒歩約10分
対象:80人
申込み:不要。当日先着順。
参加費:資料代100円
主催:松原市教育委員会
問合せ先:松原市教育委員会事務局文化財課
電話:072-334-1550(代表)
メール:bunkazai☆matsubara.osaka.jp(☆を@に変えて送信してください)

13:30~ 開会挨拶と要旨説明
13:35~ 基調報告「融通念佛宗の成立と六別時‐丹南来迎寺の歴史によせて‐」大澤 研一(大阪歴史博物館)
14:15~ 報告「#1 絵画」高橋 平明(元興寺文化財研究所)
14:45~ 報告「#2 彫刻」植村 拓哉(元興寺文化財研究所)
15:10~ 休憩
15:20~ 報告「#3 工芸品・石造物」角南 聡一郎(元興寺文化財研究所)
15:45~ 報告「#4 位牌・聖教」三宅 徹誠(元興寺文化財研究所)
16:10~ 総括 西田 孝司(松原市文化財保護審議会)
16:25~ 質疑応答

ホームページ:https://www.city.matsubara.lg.jp/bunka/bunkazai/1/9038.html

【広報】美浜町歴史フォーラム 「みはま、近世の交通と往来-道、旅、道標-」のお知らせ

美浜町歴史文館からフォーラムのお知らせをいただきましたので、広報します。

令和元年度美浜町歴史フォーラム
「みはま、近世の交通と往来-道、旅、道標-」


■ 日 時   令和元年12月8日(日)午前10時〜午後4時40分(開場9時)
■ 会 場   美浜町歴史文化館 第2研修室
■ 内 容   歴史学、歴史地理学、考古学、地域史などから道標や旅日記などの資料を通じて美浜町や若狭地方の近世交通を考えます。
■演題と講師
10:05〜10:40 
趣旨説明「若狭の道、旅、そして道標」美浜町教育委員会 歴史文化館 松葉竜司
10:45〜12:00 
フォーラム1「若狭の交通と地域性」福井大学教育学部教授 門井直哉
13:00〜14:15 
フォーラム2「旅の記録にみる江戸時代の若狭」滋賀大学経済学部教授 青柳周一
14:20−15:00 
フォーラム3「道しるべや道中記にみる若狭路」舞鶴市郷土資料館学芸員 小室智子
15:05−15:45 
フォーラム4「若狭と近江をつなぐ道」高島市教育委員会文化財課主監 山本晃子
15:50−16:40
座談「近世若狭の交通と往来-道、旅、道標-」 進行松葉竜司、パネリスト上記講師
■ 参加費   無料
■ 定 員   60名(事前申し込み順。定員に達し次第、受付を終了します)
■ ホームページ http://www.town.mihama.fukui.jp/www/info/detail.jsp?id=5779
■ 申込み・問い合わせ先
美浜町教育委員会 教育政策課 歴史文化館
〒919-1138 福井県三方郡美浜町河原市8-8
tel 0770-32-0027 fax 0770-32-0615
E-mail bunkazai@town.fukui-mihama.lg.jp

【広報】文化遺産国際協力コンソーシアムシンポジウム 「文化遺産の意図的な破壊-人はなぜ本を焼くのか-」

文化遺産国際協力コンソーシアムよりシンポジウムのお知らせをいただきましたので、広報します。


文化遺産国際協力コンソーシアムシンポジウム
「文化遺産の意図的な破壊―人はなぜ本を焼くのか―」
■詳細情報(コンソーシアムウェブサイト)
https://www.jcic-heritage.jp/jcicheritageinformation20191008/
■シンポジウムチラシ
https://www.jcic-heritage.jp/wp-content/uploads/2019/10/2019symposium_flyer.pdf

●開催趣旨:
 人は文字を生み出し、粘土板やパピルス、木簡や竹簡、羊皮紙や紙に記してきました。文書庫、そして図書館を造り、自分たちの記録を集め、残そうとしてきました。その一方で、それを意図的に破壊するという行為もまた、歴史的に繰り返されてきました。
 古代より行われている文化遺産の破壊行為は今なお続き、世界各地で貴重な文化遺産が失われ続けているのが現状です。単なる記録媒体としてだけでなく、集団及び個人の記憶のメタファーとしても受け継がれてきた書物、そして図書館・公文書館等は繰り返し標的とされ続けてきたのです。
 では、なぜ本を焼くのでしょうか。その目的を知り、破壊行為を未然に防ぐことはできないのでしょうか。このシンポジウムでは、歴史的に行われてきた焚書や文化遺産の「意図的な」破壊行為を振り返り、文化遺産を破壊する側の「論理」に照準を当てていきます。あくまで破壊された側からの想像にはなりますが、何を否定し、どのような効果を狙って破壊するのかを問い、社会にとっての書物、ひいては文化遺産の意義について考える機会とします。私たちは将来のために何ができるのか、どのような国際協力のあり方が必要なのかを過去の事例から学び、議論を展開する場としたいと思います。
●主 催:文化遺産国際協力コンソーシアム、文化庁
●日 時:2019(令和元)年12月1日(日)13時00分~17時00分(開場:12時30分~)
●場 所:政策研究大学院大学 想海樓ホール 東京都港区六本木7-22-1
 ※当日は南門よりお入りください。
●参加費:無料
●定 員:300名
●後 援:外務省、国際協力機構、国際交流基金
●プログラム:
 13:00-13:05
  開会挨拶
  岡田保良(文化遺産国際協力コンソーシアム副会長/国士舘大学イラク古代文化研究所 教授)
 13:05-13:25
  趣旨説明
  山内和也(文化遺産国際協力コンソーシアム西アジア分科会長/帝京大学文化財研究所 教授)
 13:25-14:00
  講演1「秦始皇帝の焚書坑儒の真相」
  鶴間和幸(学習院大学文学部 教授)
 14:00-14:35
  講演2「エジプトにおける文字記録の抹殺とアレクサンドリア大図書館の焼失」
  近藤二郎(早稲田大学文学部 教授)
 14:35-14:45 
  休憩
 14:45-15:20
  講演3「ユーゴ内戦時の文化遺産の破壊―サラエヴォ図書館、コソボの教会堂などを例として―」
  鐸木道剛(東北学院大学文学部 教授)
 15:20-15:55
  講演4「テロと古文書と誇り―マリ北部トンブクトゥにおける事例から―」
  伊藤未来(西南学院大学国際文化学部 講師)
 15:55-16:05 
  休憩
 16:05-16:55
  パネルディスカッション「破壊の論理と文化遺産保護」
  ファシリテーター:中村雄祐(東京大学大学院人文社会系研究科 教授)
  パネリスト:鶴間和幸、近藤二郎、鐸木道剛、伊東未来
 16:55-17:00
  閉会挨拶
  青木繁夫(文化遺産国際協力コンソーシアム副会長/東京文化財研究所 名誉研究員)
 17:10- 
  懇談会(事前申込・会費制 一般3,000円/学生2,000円)
●申込方法:
 コンソーシアムウェブサイトの申込フォームよりお申込みください。申込み締め切りは11月27日(水)です。https://www.jcic-heritage.jp/eventform/
 ※ハガキ・FAXでの申込も可。氏名(ふりがな)・ご所属・電話番号・メールアドレス・会員/非会員・懇談会出欠をご記入の上、「コンソーシアムシンポジウム参加希望」とお書き頂き、11月27日(水)必着で事務局宛にお送りください。
※お席に余裕がある場合は当日参加も受け付けております。
●お問合せ先:文化遺産国際協力コンソーシアム事務局
       独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所 所内
       Tel: 03-3823-4841
       Fax: 03-3823-4027
       E-mail:consortium@tobunken.go.jp

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索