FC2ブログ

Latest Entries

京都国立博物館「聖地をたずねて-西国三十三所の信仰と至宝-」鑑賞記

7月25日
京都国立博物館
 特別展 聖地をたずねて-西国三十三所の信仰と至宝-
(7月23日~9月13日)

 会期変更し満を持しての開催。西国三十三所草創1300年を記念し各札所寺院から名宝を集めて展観。粉河寺・長谷寺・石山寺・総持寺ほかの観音の霊験を描いた縁起絵巻、数々の観音の姿を描いた中世仏画とともに、多数の参詣曼荼羅が並ぶ一角が本展の見どころで、展示替えも含めて那智山・紀三井寺・粉河寺・施福寺・葛井寺・清水寺・善峯寺・中山寺・成相寺・松尾寺・長命寺の各幅が出陳。
 その絵の中にいるのは「私」であると実感(錯覚)させることが参詣曼荼羅という唱導の道具の目的である。そのために絵解きも付随した。そのように見れば、参詣曼荼羅の中に描き込まれた聖地を巡錫する巡礼者と、京博展示室内を観音像を求めてへめぐる来館者は重なる存在である。堂塔造営の勧進状やご詠歌等の版木、そして納経帳や巡礼札といった民衆との接点となる信仰の道具がしっかり目配りされて集められており、そのことを強調する。収束の見えない疫病流行下での出開帳展示も、民衆の救済への渇望を受け止め続けてきた西国三十三所の歴史そのものを体現しているかのようである。困難の中に、信仰の花が咲く。
 ほか、一乗寺観音菩薩立像、岡寺菩薩半跏像、華厳寺毘沙門天立像などの仏像、青岸渡寺と東博に分蔵される那智経塚出土の羯磨曼荼羅の復元など出陳資料多数。図録あり(310ページ、2700円)。

社会的課題と博物館(大学生へのアンケート紹介)

帝塚山大学博物館経営論の講義で、博物館の活動と社会的課題をいかに接続するかについて取り上げたので、受講生に「社会が抱えている課題・問題をテーマに展覧会をするなら、どんな課題を取り上げてみますか」と聞いてみました。みんないろいろと社会が抱える課題を意識していて素晴らしかったので、ご紹介します。(※回答の五十音順に表記、7月26日段階)

「アイヌ新法に関する問題」
 理由:一部のアイヌが訴えている問題について、それはどういった背景によって訴えているものなのか、また、どうすることで解決できるのか。
「SNSによる誹謗中傷」
 理由:芸能人を中心としてかなりの大問題になっているから。
「LGBTについて」
 理由:理解どころか認知すらほぼ無かった時代に比べれば前進はしていますが、わが国の制度・教育は先進国でありながら未だ未発達である。この問題はLGBTのみならず性教育、人権問題にもつながることで、他者との差異を認め受け入れることが最も重要である、ということを多くの人に伝えられたらと思う。
「LGBTに対する人権侵害や差別(言葉の暴力)が社会問題になっている事について」
 理由:友人がLGBTでその事を知らず私は差別的な発言をしてしまいました。自分が発した言動が差別に当たらないと思った言動であってもLGBTの人達にとっては傷つく場合があります。また女性議員が「LGBTに生産性がない」と言ったことがニュースなどで問題視され後に「差別するつもりなかった」と発言を撤回したニュースを見て、国会議員なのに国際問題について何も知らないのかと思ってしまった。このような見えない言葉の暴力についてもっと取り上げるべきだと思います。
「LGBTについて」
 理由:LGBTをテーマにした写真作品や、芸術作品を展示したい。性の多様性への偏見や差別を無くしたり、そのことについて考える機会があればいいなと思ったから。
「後継者不足」
 理由:日本で昔から伝わる祭りなどで後継者不足が問題となっていて、また、地方を中心に若い方の人口が少なくなってる。このままでせっかく大切に守られているので私達が考えて行かないとならない問題であると思った
「環境問題」
 理由:絶滅危惧種が増えてしまっていることや動物が暮らせなくなってる現状などなら展示もできると思ったからです。
「感染症に苦しんだ人々の描いた絵など」
 理由:現在新型コロナウイルスが流行っている世の中で自分たちに何が出来るのかを学ぶため。
「ゲーム、ネット依存」
 理由:自分にとって身近な社会問題というのはゲーム・ネット依存が近いのですが(自分は予備軍などではと内心思ってしまいます)、それを展示するというのは思いつきませんが、一つぐらいそのようなものがあっても面白いのではと思います。
「高齢ドライバーの運転に関する問題」
 理由:最近高齢ドライバーが運転する車が事故を起こしたというニュースが伝えられることが多いので、高齢ドライバーの起こす事故について考えてもらいたいから。
「子の心、親知らず(虐待に関する問題)」
 理由:今日の社会で特に闇が深く、今でも解決が困難になっていることだと思ったから。
「自衛隊」
 批判云々は起こるだろうけど、今の日本が置かれている状況を少しでも理解してもらえるように自衛隊が抱えている問題をテーマに取り上げてみたいです。
「ジェンダー問題」
「自然環境の現状や環境により絶滅危惧種になっている生物の問題について」
 理由:環境問題に目を向けてもらいたいため。また、環境のことを考え、状況を変えることができるのは人間であるため。
「自然災害」
 理由:ここ最近10年に一度といった災害が頻発し、熊本城や首里城など国の文化財への被害が甚大であり、自分にはまだ被害はないと思っている人に伝え、残す必要があると思う。
「自然災害」
 理由:これからの日本を考えたとき地震などの公害にどのような対応をしたらよいかをかんがえてほしいから。
「常識ってなんや」
 理由:ゾンビ映画なんて見てると撃たない奴は非常識に思えてくるのですが、実際に現在の価値観で考えると常識的ではあるはずなんですよね。その場合って狂った世界の狂った常識が銃を撃つになると思うんですけど、それなら今の常識もそれはそれで狂った世界の狂った常識だと思うんですよ。伝わりづらいと思いますけど、常識って案外、頼りなくて何がなんでも守るのも違うぞって考えて欲しいです。
「食料自給率、地産地消」
 理由:食は私たちの生活、健康面にとても身近で大切なものであり、自国の産品をより知ることによって、食の面から日本の文化も知ることが出来ると思ったため。
「地球温暖化と地球の気温」
 地球温暖化によるシンガポールでのデング熱流行などが騒がれているが、かつての中生代では地球の温度がもっと高かったりしたので昔との温度の比較や環境紹介をしたいと思ったから。
「都市デザイン」
 理由:育児・福祉・教育・治安・人口の疎密・インフラ・空き家の増加・少子高齢化・災害への対応…etc、幅広い問題を扱いながら、いわゆる「都市デザイン」をテーマにしたい。本当に暮らしよい街のあり方について、社会を構成する多様な人びとの立場から、包括的な討論へ参加できることが望ましい。
「ニート」
 私はニートの人についてとりあげます。なぜなら働けない人がいるということはあまり目にはしないけれどいると思うからです。
「日本の固有種と外来種について」
 理由:テレビをみて、外来種が生態系に影響を及ぼしていたり、日本の固有種が絶滅危惧種になったりしていることが問題だと思いました。自然に触れていないとなかなか気づけないことなので、展覧会で紹介するとおもしろいと思いました
「プライバシーとはなんなのか」
 理由:ここ最近、プライバシー侵害による事件が多発しているため。

【参考資料】
20200726130009_001.jpg
大河内智之「社会的課題と博物館」(青木加苗編『まもって、そだてる 和歌山県の博物館活動』、和歌山県立博物館施設活性化事業実行委員会、2019・9)



2020年度「WEB上展覧会 携帯電話の思い出2020」

 帝塚山大学博物館経営論受講生による、携帯電話の思い出2020年度版です。
 受講生それぞれの携帯電話(iPhone、スマホ)についての思い出を紹介します。例年は講義中にスマホの外観写真も撮ってともに提示していますが、今回は遠隔講義で写真が撮れず、また画像を送ってもらうのも負担をかけて申し訳ないので、思い出だけとします。
 大量に生産され流通する携帯電話であっても、使用する人の極めて身近にあり、場合によっては声も発して応答もする存在に対して、人はさまざまな感情をそこに投影していると思います。ともに過ごした思い出が付随することで、そこに固有の歴史性が浮かび上がり、他に代わりのない資料の一品性(逸品性)に気づいてもらうという趣旨の、ウェブ上展示です。和歌山県立博物館では、マイミュージアムギャラリーという展示で用いている手法です。
 これまでに行った携帯電話のWEB上展覧会は次のとおりです。大学生の携帯電話とそれにまつわる思い出の定点観測です。
 2019年度「WEB上展覧会 携帯電話の思い出2019」
 2018年度「WEB上展覧会 携帯電話の思い出2018」
 2017年度「WEB上展覧会 携帯電話の思い出2017」
 2016年度「WEB上展覧会 携帯電話の思い出2016」
 2015年度「WEB上展覧会 携帯電話の思い出2015」
 2014年度「WEB上展覧会 携帯電話の思い出2014」
 2013年度「WEB上展覧会 携帯電話の思い出2013」
 2012年度「携帯電話の思い出-web上の展覧会-」
 2011年度「ケータイの思い出」
 2010年度「携帯電話にまつわる思い出」
WEB上展覧会 携帯電話の思い出2020
※2020年7月26日段階提出分。引き続き提出がありしだい追記します。

・初めてスマホを手にしたとき、最初の写真を撮ったのは卒業式の担任の2ショットだった。その時を今でも鮮明に覚えている。
・私の4代目のスマホ。歴代のスマホは画面は割れないものの、充電の部分が折れる、中の基盤が割れる、持ち上げただけでSIMカードが外れるとポンコツぞろいであった。このスマホは使用した際の不良がなく、使用者としてとても心が落ち着くスマホである。
・旅行先での景色での写真を取れて思い出を振り返られるというのがとてもいいな思います。
・毎度、母親が使い方が分からないからといって強引に機種を合わせて買わされるもの。Android。
・6年ほど使っているスマホ。変えよう変えようとずっと思っているが、近年のスマホはどうしても画面を大きくしたがる。私は画面はできるだけ小さいほうがいい。小さかったら落とすこともあまりない。落として壊した時のショックが怖いのだ。スマホの進化に伴って私は機種変から遠ざかるのだ。
・買い換えるたびにスマホがたまっていく。
・高校1年生のとき。朝起きたら頭元のスマホの上にゴキブリがいたこと。
・高校入学時から使っているiPhone8。初めて持った時のうれしさや、友達と遊びにいったときの写真など、思い出がたくさん詰まっていて、買い替えないといけない時期だけど、変えたくない気持ちがある。
・現在、使っているのは浜名湖で落としたものを保険で取り返した端末です。その日は最悪で、釣果は坊主、一緒に行った恋人とは大喧嘩して、宿泊予定だった旅館に行けず、別れ話の末に静岡の片田舎で車から降ろされそうになって、警察に紛失届を出したり、コロナの影響で中に入れてくれない携帯ショップに苦戦したり、最後は喧嘩疲れで一言も口を聞かないままコンビニの駐車場で十二時間ぐらい寝ました。それから例の如くコロナの影響で遅れて届いた端末なんですが、早二ヶ月ほど連絡先も画像フォルダも何から何まで彼女仕様で、自分でも使用するたびに笑えてます。。
・私のスマホでの思い出は疲れているときにずっとそばにいてくれた。
・今のスマホはiPhoneで今年の初め頃に機種変更しました。iPhoneは個体ごとに名前のようなものがつけられるのですが、私自身操作した覚えが全くないのになぜか愛犬の名前がついていました。変更の仕方もよくわからないので、とりあえずそのままにしています。
・今年契約が切れるので新しいスマホに変えようと思い最新のスマホと変える予定だったがまだ出ていないので使っている。画面に斜めに日本割れてしまっている。飼っている犬に落とされ割れてしまったが問題ないのでそのまま使っている。
・今使っている携帯は、初めて自分で契約をしたという思い出がある。写真をきれいに撮りたいという思いがあったため、CMでやっていた『Xperia』を選んだ。
・大阪府北部地震があった時、駅で足止めとなった。4、5時間ほど待った後、列車が動き始めるというアナウンスを聞いて立ち上がったらスマホを勢いよく下に落としてしまった。画面にひびが入ってしまいかなり焦ったが、後で確認したら保護シートだけで済んでいたのでほっとした。
・今使っているiPhoneにはあまり思い出がないので、以前使っていたiPhoneについてです。今は音楽プレーヤーとして使っているのですが、高校3年間使い続けていました。運動会も文化祭も修学旅行もずっと一緒でした。最近はバッテリーの減りも早くなって、突然電源が切れてしまうこともありますが、高校3年間と大学の1年間よく頑張ってくれたと思います。
・4年以上使用している先代のiPhone。解約しているためwifiがないと使用できないが、ゲームをしたり、音楽を聴いたり、タブレットがわりとして今でも現役。でも、液晶漏れしてきたため、そろそろ寿命かも。
・私が今持っているスマホは1年前に購入したものなのですが、半年前ぐらいに旅行に行ったときに観光中にスマホをどこかで落としてしまって焦っていたところに、綺麗な女性の方が偶然拾ってくださって助かったと思ったのと同時に綺麗な人に拾ってもらえたと嬉かった覚えがあります。
・一年前に機種変したXperiaです。発売から少し時間が経っていましたが評判がやや良くなかった為に恐る恐る購入しましたが評判のような異常は見られず当たりだったようです。今もOSアップデートで異常があったり、発熱やバッテリーの減り具合が早まってますが頑張ってくれてます。
・現在使用しているのは大学入学後に機種変更したiphone 8。以前使用していたiphone6が型落ちした時は動作も重く不便だったが、現在はとても使いやすいので出来ればずっとこれを使いたい。元々スマホを持つ前から掲示板やチャット、SNSなどでインターネットを用いてはいたものの、常時手軽にアクセス出来るスマホの利便性は新鮮だった。また、実家が山奥にあり、本屋へは親の車でたまにしか行けず、また欲しい本があるとも限らず、18歳未満でクレジットカードを持てない為通販を利用することも難しかった。しかしコンビニで買えるプリペイドカード(iTunes カード)を利用することで電子書籍の購入が叶い、いつでも好きな本が買える・読めるという幸福は当時の私にとって革命であった。
・現在のスマホに買い換えてから、メモ機能を使って日記を付け始めたのですが、一ヶ月ほどで挫折しました。その一ヶ月分が今でもフォルダに残っています。
・毎日毎日犬の写真が増えていく。最近では「また写真?」といった風に顔をそらされてしまうが、そんなところも大変かわいい。
・春に新しいのに機種変しましたが、ホームボタンが無い、イヤホンと充電が同時に使えないなどでかなり使いにくかったです。今でもイヤホンと充電は別にしてほしいと思っています。

八尾市歴史民俗資料館「道鏡に出会う-木像道鏡禅師坐像造立記念-」鑑賞記

7月6日
八尾市歴史民俗資料館
 企画展 道鏡に出会う-木像道鏡禅師坐像造立記念-
(4月25日~7月13日)

 道鏡を知る会が発願し、彫刻家・東京芸大教授の籔内佐斗司氏に依頼して制作された道鏡坐像の完成お披露目展示。八尾市民を中心に40年前に設立された道鏡を知る会の歩みを、設立者である郷土史家の山野としゑ氏を中心に紹介することで、市民による歴史顕彰の情熱的な活動を広く共有する機会ともする。近年史跡指定された称徳天皇と道鏡ゆかりの由義寺跡から出土した軒瓦も展示(常設展示にも出陳中)。籔内氏により造像された道鏡像は、奈良時代末~平安時代初期の僧形像をモデルとした重厚な作風で、眉目秀麗な風貌は市川海老蔵をイメージした由。道鏡坐像はこの後10月に西大寺に奉納されるとのこと。道鏡の実像を追求する民間活動を基盤に、由義寺跡塔基壇跡の発見と史跡指定を好機として、広く寄附を募って(クラウドファウンディングも併用)道鏡像製作を成し遂げ展覧会を開催した流れは、住民と行政が協力して地域文化を掘り起こした理想的なあり方といえる。いつか由義寺跡に道鏡像安置できれば最高。図録なし。

高野山霊宝館「ほとけさまと動物たち」鑑賞記

5月19日、新緑の高野山に登り、再開した霊宝館訪問。
高野山霊宝館
 企画展 ほとけさまと動物たち
(4月18日~7月5日)

 仏教美術のなかに表される動物の表象を収蔵資料の中から紹介する。宝寿院六字尊像(重文・前期)、金剛峯寺両頭愛染曼荼羅(重文・前期)、竜光院屏風本尊(重文)、遍明院文殊菩薩及使者像(重文)や天野社伝来の舞楽装束(重文)、竜光院灌頂法具類のうち龍頭(重文)、大津絵の摩利支天像、親王院阿闍梨遍照尊像(昭和2年・福田恵一筆・帝展出品、250㎝×191㎝)などバラエティーに富んだ資料選定。ほか竜光院弘法大師二大弟子像は、大師と二弟子を中央に、左上に一身二頭像(伝奥砂子平尊、殊蛇死平尊)、右上に金剛薩埵、左下に両頭愛染、右下に不動明王を配し、中尊頭上に宝珠・日月・龍・内側に格子を描いた楕円形・白蛇を並べる特殊な修法の本尊像で、南北朝~室町時代前期ごろの作。初公開の清高稲荷社関係品(地蔵寺蔵)の木札には寛文10年銘とともに真徳院の名あり。桃山期に活動した面打真徳院と関わるなら重要情報。動物という観点で間口を広く設定しながら、高野山の密教世界の奥深さを存分に伝える内容。図録なし。

高野山霊宝館冬期平常展「密教の美術」鑑賞記

4月12日
高野山霊宝館
 冬期平常展 密教の美術
(1月18日~4月12日)

 コロナ禍で閑散とする高野山に登り霊宝館の冬期展最終日を一人鑑賞。近時修復した資料を紹介。快慶作の執金剛神立像・深沙大将立像の像内納入品の宝篋印陀羅尼は、建久8年(1197)銘で、源阿弥陀仏や名阿弥陀仏の名あり。円通寺の十巻抄(鎌倉時代・重文)、白描不動明王二童子毘沙門天倶利伽羅龍像(鎌倉時代・重文)も修理後初公開。ほか、光台院毘沙門天像(平安時代・重文)のほか、西南院の熊野曼荼羅(南北朝時代)は兵庫・温泉神社と同系統の図像の作例、成福院の春日鹿曼荼羅(室町時代)は鹿の背に載せた鏡面中央に長谷寺式十一面観音が描かれる作例、親王院の三十番神像(南北朝~室町時代)は堅実な出来映えで、五坊寂静院伝来。同院には日蓮(是聖房蓮長)も遊学。彫刻では金剛峯寺の厨子入三宝荒立像が天正17年(1589)木食真山人作の銘が厨子にあり。図録なし。鑑賞後、参拝者の姿の見えないがらんとした壇上伽藍を巡って悪疫悉除を祈念。

奈良市史料保存館「昭和の奈良町の仏像研究家の足跡-太田古朴・仏像修理研究資料展示-」鑑賞記

3月28日
奈良市史料保存館
 企画展示 昭和の奈良町の仏像研究家の足跡-太田古朴・仏像修理研究資料展示-
(3月3日~3月31日)

 多数の仏像修理に携わり、また研究を行った仏像修復家太田古朴(1914~2000)の遺品の発見と整理の完了に伴い一部を公開。特に日本彫刻史上に重要な意味を有する納入品を伴う仏像として、金峯山寺聖徳太子及び二童子像(文永11年〈1274〉)、伝香寺寺像菩薩立像(安貞2年〈1228〉)、東大寺中性院弥勒菩薩立像(研究4年〈1193〉)、円成寺南無仏太子立像(延慶2年〈1309〉)、興善寺阿弥陀如来立像(源空・証空消息納入)の納入品納置状況を示す図面を紹介して、その資料価値を再評価する。リーフレットあり(6ページ)。  

和歌山県立紀伊風土記の丘「古墳から古代寺院へ」鑑賞記

3月1日
和歌山県立紀伊風土記の丘
 企画展 古墳から古代寺院へ-紀伊における儀礼の変遷を探る-
(1月18日~3月1日)

 用事にかこつけて最終日に滑り込み。終末期古墳から寺院への転換期の様相を、紀伊国内の古代寺院出土資料を中心に紹介。西国分廃寺・北山廃寺・最上廃寺・佐野寺・神野々廃寺・名古曽廃寺・薬勝寺廃寺・田殿廃寺・道成寺・三栖廃寺・堂ノ谷瓦窯・上野廃寺・荒見廃寺・山口廃寺・紀伊国分寺と、和歌山の主要な古代寺院を網羅的に扱う。出土瓦がずらりと並び、瓦当文様の分布から見える地域間の関係性をパネルで示しつつ、日本霊異記の内容ともリンクさせていて丁寧な展示。佐野寺跡と最上廃寺出土の塼仏をありがたく鑑賞。図録なし。

龍谷ミュージアム「仏像ひな型の世界」鑑賞記

2月23日
龍谷ミュージアム
 特集展示 仏像ひな型の世界
(1月9日~2月9日・ 2月22日~3月22日)

 京都仏師畑治良右衛門家に引き継がれた七条仏師の仏像雛形をずらりと並べて紹介。明暦4年(1658)3月康知作の妙心寺花園法皇坐像の10分の1の雛形にはその1ヶ月前の年紀が付されていて、事前の作と判明。ほか四条天皇(康乗作)、東照大権現、慈眼大師、徳川家光(康知作)など幕府筋の肖像のほか、清凉寺式釈迦胸像(康朝作)、東寺御影堂の弘法大師頭部(康傳作)、専修寺の親鸞聖人坐像(康傳)の写しといった特別な像の模刻が含まれるのも正系仏師ならではで、さまざまな僧侶の胸像も頭部のみを取り替えて体部を定型とする造像の現場をうかがわせる。仏師の工房研究や江戸時代彫刻史を大きく進展させるものであり、展示そのものが重要な研究の途中成果報告の体を成す。今後の論文化を期待。京都ならではの重要資料を掘り起こし、信頼を得て寄託を受け、ただちに共有化するという、「公共」の博物館としての活動を同館が果たしていることはとても重要。リーフレットあり。

福島県立博物館「震災遺産を考える-それぞれの9年」鑑賞記

2月22日
福島県立博物館
 特集展 震災遺産を考える-それぞれの9年
(2月11日~4月12日)

 東日本大震災と原発事故からの9年を、同館が収集を続けている震災遺産と、それらの資料に深く関わる福島の人々の生き様や活動を通じて紹介する。展示の冒頭に設置された、福島県博が作成した南相馬市半杭牧場牛舎の柱のレプリカは、原発事故後の避難で放置せざるを得なかった牛が飢餓のために齧った痕跡が生々しく再現され、餓死した牛の苦しみと、生産者の癒えぬ苦しみを伝える負のモニュメントとして、場を規定する力を持つ。ほか、避難所運営・寺子屋的活動・情報伝達・歴史の記録と、突き動かされるように活動した人々の痕跡を、丁寧に収集した資料が伝える。天災・人災ののち、翻弄されながらも精一杯生きる福島の人々の同時代史をどれだけ残すことができるか、県立博物館がその機能を活かしつつ役割を果敢に果たしていることを、そしてこれから果たしていくこととなる長い道のりへの決意表明を展示の行間に見る。心揺さぶられる。図録なし。

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索