Entries

大津市歴史博物館「大津の都と白鳳寺院」鑑賞記

11月15日大津市歴史博物館 遷都1350年記念企画展 大津の都と白鳳寺院(10月7日~11月19日) 天智天皇6年(667)に建都された大津京の姿と仏教との深い関わりを、主に出土した瓦と塑像断片から紹介するとともに、当該時期とその前後に渡る日本・中国・朝鮮半島の塼仏・金銅仏の優品を集約して、白鳳期仏教美術の特徴を浮かび上がらせる。崇福寺・南滋賀町廃寺・穴太廃寺等の出土資料とともに、塑像・塼仏の比較のため川原寺・山...

奈良国立博物館「正倉院展」、天理大学附属天理参考館「天理図書館 古典の至宝」鑑賞記

11月13日奈良国立博物館 第69回 正倉院展(10月28日~11月13日) 最終日に滑り込み。お昼に重なったからか、並ばず入館できる。今年は緑瑠璃十二曲長坏がメイン。羊木﨟纈屏風と﨟蜜、﨟蜜袋を並べ、楽器では尺八2管と箜篌の残欠と復元品。会場には尺八の音が響く。伎楽面と錫杖をじっくりと鑑賞しておく。図録あり(152ページ、1200円)。なら仏像館では室生寺の弥勒菩薩立像、釈迦如来坐像がさらりと並んで豪華。天理大学附属...

国立能楽堂「黒川能「鐘巻」」「野崎家能楽コレクション」、東博「運慶」「室町時代のやまと絵」鑑賞記

11月11日、黒川能鑑賞のため日帰りで東京へ。東京国立博物館 特別展 運慶(9月26日~11月26日) 2回目。長岳寺阿弥陀三尊像のうち中尊と観音像が退き、勢至菩薩像が居残り。代わって瑞林寺地蔵菩薩坐像がお出まし。正面は十重二十重の人垣であるので、横に回って長岳寺像と瑞林寺像の側面観を比較。中金堂四天王像(元南円堂安置)も見納め。これとの比較で検証した東大寺持国天像についての拙稿はすっかり埋没。書いた本人が1...

有田市郷土資料館「念仏行者徳本」、龍谷ミュージアム「地獄絵ワンダーランド」ほか

11月9日、午前中に代休取って有田市へ。有田市郷土資料館 特別展 念仏行者徳本-200回忌記念-(10月14日~12月10日) 江戸時代後期に全国で熱狂的に信仰された紀伊国出身の浄土宗僧徳本について、和歌山県内の博物館で初めて開催された本格的な徳本展。西法寺徳本上人坐像、誕生院徳本上人絵伝、往生寺徳本上人縁起絵巻のほか、さまざまな種類の六字名号も集める。地域に残る資料によって徳本を丁寧に浮かび上がらせる好展示で...

高野山霊宝館「大宝蔵展 高野山の名宝-平家物語の時代と高野山-」鑑賞記

11月6日、正倉院展にいかなきゃと車を途中まで走らせたものの、疲れているのか、到着してからの行列と人の波を想像して気力減退。急遽行き先変更して高野山に登ることにする。南海高野線が現在不通であるので、山上までの道はバス・車で渋滞発生中。高野山霊宝館 第38回高野山大宝蔵展 高野山の名宝-平家物語の時代と高野山-(10月14日~12月3日) 平家物語巻一〇「高野巻」にちなんだ関連資料を選んで展示。平清盛発願とされ...

黎明館「かごしまの仏たち」、九博「六郷満山展」「新・桃山展」鑑賞記

11月1日、代休とって、鹿児島・福岡弾丸ツアー。鹿児島県歴史史料センター黎明館 企画特別展 かごしまの仏たち―守り伝える祈りの造形―(9月28日~11月5日) 廃仏毀釈により大きなダメージを受けながらも、地域の中で守り継がれてきた鹿児島県内の仏像を一所に集めて紹介する。湧水町二渡自治会菩薩半跏像(県指定)は平安時代後期の片足を垂らした菩薩像として貴重な事例。薩摩川内市教育委員会保管の阿弥陀三尊像は鎌倉時代前...

和歌山県立紀伊風土記の丘「道が織りなす旅と文化」鑑賞記

10月31日、半日休みとって鑑賞。和歌山県立紀伊風土記の丘  特別展 道が織りなす旅と文化 (9月30日~11月26日) 世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道の資産追加登録を記念して、旅する宗教者を通じて流入し、また伝播した紀伊国の信仰文化の諸相を、民俗学的観点から提示する。熊野信仰の全国への伝播としては、高知県物部村のいざなぎ流の御幣や仮面、愛知県大入花祭の資料や曽川花祭の仮面などを集める。西国巡礼では、三十三度...

東京国立博物館「運慶」、東京芸大美術館「素心伝心」、栃木県立博物館「中世宇都宮氏」鑑賞記

東京藝術大学大学美術館 シルクロード特別企画展 素心伝心-クローン文化財 失われた刻の再生-(9月23日~10月26日) 最新技術と手業を組み合わせた芸大製文化財レプリカである「クローン文化財」の展示。法隆寺金堂釈迦三尊像の復元は、三次元計測したデータ(ただし背面側は未計測)をもとに3Dプリンターで出力した原型から蝋型を作成し鋳造する。敦煌莫高窟第57窟やキジル石窟航海者窟の再現や、バーミヤン東大仏仏ガン天上...

出光美術館「祈りのかたち」鑑賞記

9月2日出光美術館 祈りのかたち-仏教美術入門-(7月25日~9月3日) 終了間際に滑り込み。館蔵の仏教美術の優品をガンダーラ仏・北魏仏から近世の禅画まで、どっとお蔵出し。修理された永久寺伝来の真言八祖行状図(保延2年〈1136〉)をじっくり鑑賞。鎌倉時代の持国天・増長天立像も永久寺伝来。高野山鎮守天野社のある上天野地区の念仏講旧蔵の六道・十王図と久しぶりに対面。ほか、平安末~鎌倉初期とされる不動明王二童子図...

奈良教育大学教育資料館「海を渡った文化」、東大寺ミュージアム「東大寺大仏縁起絵巻特別公開」、奈良博「源信」鑑賞記

8月22日、仕事の山に目をつぶり、午後から代休取って職場離脱。この日までの展示、この日からの展示を巡る。奈良教育大学教育資料館 展示企画 海を渡った文化-中国から日本へ-(8月18日~8月22日) 同大学大学院「地域と伝統文化」教育プログラムの「伝統文化発信法Ⅱ」講義の成果展。東吉野村龍泉寺阿弥陀如来坐像は針葉樹の一材から頭体及び脚部、両椀部を含んで一材より彫出する像高50.5㎝の像で10世紀と評価。同寺には平安...

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索