Entries

東京国立博物館「平成29年度 新収品」、びわ湖長浜KANNON HOUSE「横山神社馬頭観音立像」鑑賞記

6月21日、会議の前に上野へGO!東京国立博物館 特集 平成29年度 新収品(6月19日~7月29日) 東博の新収蔵資料のお披露目。身の毛もよだつ恐ろしい表情を見せる梅若家伝来の山姥(伝赤鶴作)は、定形化する以前の中世仮面らしい個性的な魅力と、それでいてゆがみなく左右対称に整った造形が狂気をより強調する。怪異表現の一つの到達点。仮面の年代比定は本当に難しいが、南北朝時代(14世紀)とされる(観阿弥の時代)。後に...

國學院大學博物館「狂言-山本東次郎家の面-」、半蔵門ミュージアム鑑賞記

6月20日、会議ついでにいくつか展示鑑賞。國學院大學博物館 特別展 狂言-山本東次郎家の面-(5月26日~7月8日) 大蔵流山本東次郎家伝来の狂言面の中から優品を選んで展示。冒頭、中世の黒色尉が5面、ずらりと並び、中でも鎌倉時代とされる一面は実年代不明も、大ぶりで確かに古様(この面のみ面裏鑑賞可)。翁(白色尉)、父尉、延命冠者も伝来するのを知る。鬼、神鳴、青武悪など珍しいもの多く、良質な家元伝来仮面を堪能...

高野山霊宝館「室町時代の高野山」鑑賞記

6月18日、講義のため奈良に向かう途中に地震。休講となって和歌山に引き返す。途中高野山に立ち寄って、霊宝館の企画展をようやく鑑賞。高野山霊宝館企画展 室町時代の高野山(4月14日~7月8日) 室町時代(南北朝・室町・戦国時代)の高野山における信仰の所産を、絵画や古文書、工芸品を中心に紹介。南北両朝との距離を保った一山の体制を誓った貞和4年(1348)金剛峯寺衆徒契状写、文和3年(1354)宥快が入手した梵本大般涅槃...

神奈川県立金沢文庫「御仏のおわす国」、神奈川県立歴史博物館「つなぐ、神奈川県博」鑑賞記

6月5日神奈川県立金沢文庫 企画展 御仏のおわす国-国宝 称名寺聖教がつむぐ浄土の物語-(5月11日~7月8日) 仏国土イメージの語られ方とその受容の展開を、称名寺聖教と宋版一切経をフル活用して提示する。冒頭で、仏国土としての娑婆(サハー)と、釈尊涅槃後の無仏時代(阿羅漢の時代)における弥勒下生を希求する物語を丁寧に提示するのは、もちろん称名寺本尊弥勒菩薩への信仰を踏まえてのこと。ずらり並ぶ経典は、雑阿含...

名古屋市博物館「博物館イキ!」、ヤマザキマザック美術館「尾張徳川の花相撲」、蟹江町歴史民俗資料館「川と水に育まれたまち蟹江」鑑賞記

5月26日、仏像調査のため機材を抱えて名古屋へ。事前事後にいくつか展覧会鑑賞。名古屋市博物館 企画展 博物館イキ!(4月28日~6月10日) 名古屋市博物館が多く市民の寄附により収蔵してきたコレクションを、集める・調べる・語る・活きるの4章(22節)に分類して紹介する。茶人・森川如春庵のコレクション、横井庄一生活資料、高力猿猴庵の本、伊勢湾台風資料といった作品群のほか、円空作十一面観音立像、名古屋東照宮祭礼...

法隆寺大宝蔵殿「法隆寺秘宝展」、東寺宝物館「東寺の菩薩像」、龍谷ミュージアム「お釈迦さんワールド」、京都国立博物館「池大雅」鑑賞記

5月14日法隆寺大宝蔵殿 法隆寺秘宝展(3月20日~5月31日) 恒例、春の秘宝展。飛鳥~鎌倉時代の仏像のほか、建長6年(1254)絵仏師尭尊作の聖皇曼荼羅、貞治3年(1364)の法隆寺縁起白拍子、紺絹地金銀泥両界種子曼荼羅(鎌倉時代)、七大寺巡礼私記(展示部分は法隆寺条)など。西院伽藍で金堂諸尊と講堂諸尊、大宝蔵院のきらめく仏像群、東院伽藍の救世観音像もご拝観。當麻寺 練供養会式 来年から4月14日(中将姫命日)に日...

滋賀県立安土城考古博物館「武将たちは何故、神になるのか」、奈良国立博物館「国宝 春日大社のすべて」、春日大社国宝殿「聖域」鑑賞記

5月3日滋賀県立安土城考古博物館特別展 武将たちは何故、神になるのか-神像の成立から天下人の神格化まで-(4月28日~6月17日) 神像表現と肖像表現の諸相を踏まえ、戦国~安土桃山時代における武将の神格化についてクローズアップする。主題部分(Ⅳ章)では織田信長・豊臣秀吉(豊国大明神)・徳川家康(東照大権現)の画像と彫像、秀頼筆の豊国大明神神号を集め、Ⅰ~Ⅲ章で仏像・神像・垂迹画をぎっちり展示。本隆寺僧形神坐像...

東博「新指定国宝・重要文化財」、國華130周年「名作誕生」、北区飛鳥山博「徳川家光と若一王子縁起絵巻」鑑賞記

4月25日東京国立博物館平成30年新指定 国宝・重要文化財(4月17日~5月6日)恒例新指定展。高野山領大田荘(広島県世羅町)の鎮守・丹生神社の丹生明神坐像・高野明神坐像に張り付いて鑑賞。高野山鎮守天野社祭神像の木型と推定される和歌山・三谷薬師堂女神坐像との類似は、そのかたちの先後関係とともに、鎌倉時代初期の高野山における地域支配と神像図像の整備・造像のあり方を考える上でも重要。ほかに鎌倉初期慶派様式を示す...

金剛寺「新国宝三尊特別拝観」、四天王寺宝物館「国宝「懸守」納入の仏像」鑑賞記

4月16日金剛寺金堂落慶記念 新国宝三尊特別拝観(3月28日~4月18日) 平成21年(2009)から行われていた金堂修理が完成し、同じく修理が施されて国宝指定された大日如来坐像・不動明王坐像・降三世明王坐像の三尊が復位して落慶。大日如来は金剛寺創建の治承2年(1178)ごろ造像、不動明王は今回発見された像内銘により天福2年(1234)行快の作と判明、降三世明王も同作。修理の成果として、大日如来の台座・光背が本体完成後も未...

MIHO MUSEUM特別展「猿楽と面」鑑賞記

3月25日MIHO MUSEUM 特別展 猿楽と面-大和・近江および白山の周辺から-(3月10日~6月3日) 大和(紀伊含む)・近江・白山周辺の社寺などに群として伝来する、作風に定形化の見られない個性溢れる魅力的な中世猿楽面を多数集め、3期(Ⅰ期3/10~4/8、Ⅱ期4/10~5/6、Ⅲ期5/8~6/3)に分けて紹介する。Ⅰ期では個人蔵の鎌倉時代の大型の翁、長尾神社の翁、談山神社の摩多羅神、天河神社の「おちのきたろう」銘の翁・三番叟、永青文...

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索