FC2ブログ

Entries

兵庫県立歴史博物館「お城ができる前の姫路」、大阪市立美術館「仏像 中国・日本」鑑賞記

11月17日兵庫県立歴史博物館 特別展 お城ができる前の姫路(10月5日~11月24日) 姫路の中世史を、寺社と地域史、赤松氏と地域支配の観点から紹介する、同館の調査研究活動を集大成した展示。円教寺性空上人坐像(寛弘4年〔1007〕の可能性)、円教寺根本薬師堂伝来の舎那院薬師如来坐像、南宋・嘉煕元年(1137)造像の法恩寺菩薩坐像、正八幡神社男女神坐像、八正寺の文保2年(1318)銘)鬼面、津田天満神社の北野天神縁起絵巻...

高野山霊宝館「祈りのかたち-密教法具の世界-」鑑賞記

11月16日 高野山霊宝館 企画展 祈りのかたち-密教法具の世界-(10月12日~1月13日) 金剛峯寺はじめ山内子院に伝来した密教法具の歴史を体現する重要資料をずらり展観。唐招来品として、大ぶりで鋭利に尖った独鈷杵(金剛峯寺・重文)、四天王独鈷鈴(金剛峯寺・重文)、五大明王五鈷鈴(正智院・重文)。ほか招来品では宋代の梵釈四天王五鈷鈴(竜光院・重文)、元~明の九鈷杵・九鈷鈴(金剛峯寺)、七鈷鈴(竜光院)、近...

奈良国立博物館「御即位記念 第71回 正倉院展」鑑賞記

11月11日奈良国立博物館 御即位記念 第71回 正倉院展(10月26日~11月14日) 吉例正倉院展。国家珍宝帳筆頭の七條刺納樹皮色袈裟、次項の赤漆文欟木御厨子を始め、礼服御冠残欠、衲御礼履など聖武天皇着用品や、鳥下立女屏風六扇、乙亥年(唐開元23年〔735〕)製の金銀平文琴、紫檀金鈿柄香炉など豪華な資料とともに、州浜と山形を表す仮山残欠や袈裟付木蘭染羅衣など、作り物や僧衣の稀少な残存事例も紹介。お目当ては伎楽面師...

長野市立博物館「神と仏が宿る里」、諏訪市博物館「佛法紹隆寺」、飯田市美術博物館「光明寺の文化財」鑑賞記

11月6日長野市立博物館 特別展示 神と仏が宿る里-北信濃の山寺-(9月14日~11月17日) 長野県北部の山寺(山岳寺院)に着眼し、その信仰の場のあり方を伝来する仏像・神像から浮かび上がらせる。小県郡山家の山寺として実相院の馬頭観音坐像は馬頭をいただき瞋怒相としない作例。平安時代まで遡りそう。同寺の十一面観音立像は山家神社神宮寺旧蔵の像。筑摩郡麻積の山寺として岩殿寺の男神立像3軀のうち2軀はもと岩殿山山頂の...

福井県立歴史博物館「ふくいの鎮守さま」鑑賞記

11月5日福井県立歴史博物館 特別展 ふくいの鎮守さま-神と真宗道場が織りなす信仰世界-(10月26日~11月24日) 鎮守の場を規定し構築する信仰の所産を、主に福井県内の神社伝来の神像・本地仏等を集約して紹介。核となる坂井市大湊神社の神像群は、10世紀の雄偉な伊邪奈岐命坐像や男神坐像や、珍しい猿面の男女神坐像(鎌倉)、鎌倉時代の秀麗な女神坐像など多様。また越前町八坂神社からは、著名な十一面を頂く女神坐像のほ...

国立民族学博物館「驚異と怪異-想像界の生きものたち-」鑑賞記

11月4日国立民族学博物館 特別展 驚異と怪異-想像界の生きものたち-(8月29日~11月26日) シンポジウム「日本におけるユニバーサル・ミュージアムの現状と課題」の合間に急ぎ観覧。人魚や怪鳥、霊獣など世界の怪異表現を集約。中でもライデン国立民族学博物館収蔵品や大阪瑞龍寺などの河童や人魚、龍などの日本の作り物ミイラを多数集めて壮観。聖俗の交わる境界の神秘の光景が、「見る」「見られる」に対置されていく怪異の...

大和文華館「聖域の美」、天理図書館「奈良町」鑑賞記

11月2日大和文華館 特別展 聖域の美-中世寺社境内の風景-(10月5日~11月17日) 全国主要寺社の聖地景観を描いた絵画作品を集約して展観。冒頭、笠置曼荼羅・柿本宮曼荼羅・日吉曼荼羅・春日宮曼荼羅の館蔵品を導入に、高野山水屏風、園城寺境内古図の大画面を広げて壮観。高野山の境内図については他に奥之院を描く高野山曼荼羅(東京芸大)、山上山麓を一望する高野山図屏風(堺市博)を展示するほか、説経節「かるかや」の...

堺市博物館「描かれた仏の世界-堺の仏教絵画-」鑑賞記

10月26日堺市博物館 企画展 描かれた仏の世界-堺の仏教絵画-(10月5日~11月4日) 堺市内に伝わる仏画と縁起絵巻を、中世に遡る資料を軸に集約。福成寺仏涅槃変相図は涅槃図の周囲に区画なしで八相を描き並べる。過去の修理で永正12年(1515)に紀三井寺瀧本坊で南都住人茶三郎が製作した銘が軸木にあったという(現在確認できず)。如来の風貌は南都絵所の特徴を示す一方、画面全体は一見すると鎌倉末~南北朝の作風を示して...

龍谷ミュージアム「日本の素朴絵」、大津市歴史博物館「大津南部の仏像」、滋賀県立安土城考古博物館「『動物美術館』開演!」鑑賞記

10月19日龍谷ミュージアム 日本の素朴絵-ゆるい、かわいい、楽しい美術-(9月21日~11月17日) 前近代における、ゆるくおおらかな絵画の系譜を「素朴絵」と定義づけて作品を集める。この種のテーマといえばこれ!の日本民藝館のつきしま絵巻や、サントリー美術館の鼠草子絵巻、西尾市岩瀬文庫のかみ代物語絵巻など御伽草子を骨格として、白隠・仙厓の禅画のほか、円空・木喰の行者系彫像や素人手の神像、石工・陶工による狛犬...

金沢文庫「聖徳太子信仰」、東博・泉屋博古館分館「文化財よ、永遠に」、長浜KANNON HOUSE、大倉集古館「桃源郷展」鑑賞記

10月2日神奈川県立金沢文庫 特別展 聖徳太子信仰-鎌倉仏教の基層と尾道浄土寺の名宝-(9月21日~11月17日) 中世の真言律宗周辺の聖徳太子信仰に基づく美術資料を集約。茨城県から善重寺聖徳太子立像(重文・摂政像)、妙安寺の聖徳太子立像(孝養像)と聖徳太子絵伝(重文)、上宮寺聖徳太子絵伝(重文)、小松寺如意輪観音坐像、千葉県・円勝寺聖徳太子立像(二歳像)と関東地方における太子信仰の優品を揃える。また広島県...

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索