fc2ブログ

Entries

ある展覧会会期中の一日(1)

 10月14日。午前中、次回特別展の情報をウェブ上ほかに掲載するための準備をし、さらに次回マイミュージアムギャラリーの情報をウェブ上にアップ。 昼から、和歌山市のコミュニティーFM、FM和歌山の番組、ハローモンキーライブに生出演。1時間の番組で、音楽メインなんですが、DJの笹本さんに導かれながら、特別展の広報と、博物館の魅力についてお話しさせていただく。博物館のことをお話しすることは何の問題もなかったのです...

鳥取市佐治町

 10月2日(金)、3日(土)は、長らくの闘病の末、最後は眠りながら旅立った母の通夜・葬儀。父も既に見送っているので、兄とふたりで深夜までどたばたと通夜・葬儀の準備をし、なんとか完遂。 葬儀を済ませた翌日、4日(日)には、鳥取市佐治町入り。佐治町中央公民館で、地元の熊野神社遺跡に関連したシンポジウムへの参加を、早くから依頼を受けていて、葬儀の日程次第ではドタキャンせざるをえない状況だったのですが、奇...

私事の連絡

私事の連絡のため、この場を使います。皆様どうぞスルーでお願いします。すいません。故人 大河内和子 62歳(母)喪主 大河内海光(長男)通夜 10月2日(金)19:00?葬儀 10月3日(土)12:00?斎場 花のなかむらオリジナルセレモニー会館    〒633-0011 奈良県桜井市黒崎717-1     TEL0744-42-5777 FAX0744-42-5777交通 最寄り駅:近鉄長谷寺駅、近鉄桜井駅    2日は18:00ごろ(予定)より近鉄長谷寺駅から...

書けた。

 懸案の原稿、設定された締め切りから1ヶ月遅れて、やっと入稿。ほんの少しまとまった時間があれば・・、と思いながら、隙間の時間でちょこちょこと進め、ようやく完成。引き受けた時にはここまで執筆時間がとれないとは思いませんでした。割り当ての文字数は少ないのに、語るべき内容のボリュームは大きく、いかに文章を削るかで苦労する始末。朝日新聞出版で新たに刊行されている「国宝の美」の24号で、熊野速玉大社の国宝神像...

あいかわらずどたばた

 無事オープンした熊野三山の至宝展。 初日のイベントのあとも、大人大学(地元新聞社主催の社会人講座)の講義・見学会、世界遺産熊野地域協議会(熊野三山・地元自治体による協議会)主催の見学会、就実大学の文化財講座・見学会、京丹後市教育委員会の研修会と、団体の対応が続き、今日・明日は歴史体験ツアーでマイクロバスにのって現地見学会に行ってきます。明後日は和歌山県文化財保護協会の講座・見学会、連休中も館長講...

特別展、オープン

 9月8日、担当特別展、無事にオープンしました。 朝一番から図録販売の準備をどたばたと行い、オープン早々、地元テレビ局が取材に入ってくださり、即インタビュー。午後からのオープニングイベントにむけてまたどたばた準備をし、出演者との打ち合わせを行い、いよいよ緊張の一瞬。 新宮市の元学芸員山本殖生さんが熊野比丘尼に扮して行う熊野三山参詣曼荼羅の絵解きと、和歌山大学の学生と協力して作った新編那智参詣曼荼羅...

いよいよ

 いよいよ、世界遺産登録5周年記念特別展「熊野三山の至宝―熊野信仰の祈りのかたち―」のオープンです。展示替え最終日の今日は、和歌山放送(ラジオ)の取材・収録が午後に、NHK和歌山の取材・収録が夕方から夜にかけてあり、どたばたしたまま時間切れ、という感じです。 展示空間作り、成功した部分と、思っていたようにはいかなかった部分がすでにあり、不完全燃焼。パネルが多すぎた・・。展示資料も多すぎた? 初日にはオ...

そして今日も、熊野を走り回る。

 3日かけて、特別展「熊野三山の至宝」の展示資料を借用するため、トラックにのって熊野三山をぐるり一巡。途中から資材が不足気味になるも、日通関西美術品支店の精鋭を投入していただいたので、現場での臨機応変力に助けられ無事集荷完了。これで展示資料の9割5分までが集まりました。 でも、まだまだ山はある。図録の校正原稿は、校了予定日をすぎてまだ、真っ赤っか。展示キャプションも作らねば。補助キャプションも作ら...

ああ、今日も熊野を走る

 土砂降りの熊野路を走る。公用車のエアコンは故障中。湿気で曇る車内。窓を拭き拭き、ひた走る。現地での仕事は3時間、往復の移動時間は8時間。熊野は遠い。 いつもより水量の多い那智滝の姿に改めて感動して、心を奮い起こして帰路につく。図録の原稿は家で書こう。 【観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ 】-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-...

踏ん張りどころ

 しんどい、と口に出した(ブログに書いた)とたん、発熱。 図録の編集のため休日出勤をして、帰る車中で、悪寒。クーラーの効きすぎ?とエアコン止めるも、震えがくる。これはあかんと、暖房に切り替えて急いで帰る。 38度5分の熱を確認して、食欲があるうちに夕飯を食べ、風呂に入って体温を上げ、葛根湯と栄養ドリンク飲んですぐに床へ。12時間寝て、微熱まで下がる。翌日は休日もやることは山のように。大人なので頑張る。...

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
仏像の研究者です。
奈良大学の教員だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索