fc2ブログ

Entries

静嘉堂@丸の内「あの世の探検−地獄の十王勢ぞろい」、東京ステーションギャラリー「春陽会誕生100年 それぞれの闘い」、高島屋史料館TOKYO 「陶の仏−近代常滑の陶彫」鑑賞記

静嘉堂文庫美術館(静嘉堂@丸の内) あの世の探検−地獄の十王勢ぞろい(8月11日~9月24日) 豊富に所蔵する館蔵仏教美術の中から近時修復した仏画を中心に選んで展観する。元〜明の十王図・二使者図は、高麗時代の被帽地蔵を中幅として13幅をずらり並べる。表具は13幅とも共通し、近世段階では現在の取り合わせになっていたもよう。圧巻の空間は撮影可で、ありがたく表具のようすを一部撮影。高麗仏画ではほかに水月観音像と、雲...

高島屋史料館「万博と仏教-オリエンタリズムか、それとも祈りか?-」鑑賞記

9月9日高島屋史料館 万博と仏教-オリエンタリズムか、それとも祈りか?-(8月5日〜12月25日) 万博における仏教的要素の取り扱われ方の展開を紹介。万博や各種博覧会における日本の仏教文化紹介のあり方(オリエンタリズム)と、1970年大阪万博における仏教国のパビリオンにおける信仰要素の提示を対比し、アジア初の大阪万博で仏教表象が信仰と切り離さず提示されたこと、戦争死者への祈念があったことを指摘。ラオス館及び本...

和歌山県立博物館企画展「法燈国師−きのくに禅僧ものがたり−」鑑賞記

9月6日和歌山県立博物館 企画展 法燈国師−きのくに禅僧ものがたり− (9月2日~10月1日)  法燈国師無本覚心とその弟子たち(法燈派)の紀伊国による活動や痕跡を示す、最新の研究成果に基づく多数の新資料を含む54件の文化財を展示公開。法燈国師の展示としては50年ぶり。法燈国師像としては新出の三重・大通寺本(南北朝時代)、興国寺の慶長2年銘版木など。新資料や重要資料はパネルでも紹介。彫像では観福寺二十体羅漢像が...

岡山県立博物館「慈悲のほとけ-観音と古寺の名宝」、おのみち歴史博物館 「新指定文化財公開展-調査してみたら・すごいぞ尾道の仏様!」鑑賞記

9月3日岡山県立博物館 特別展 慈悲のほとけ-観音と古寺の名宝-(7月28日~9月3日) 最終日に滑り込み。中国観音霊場会の特別協力による展覧会で、観音信仰に関わる資料を軸に、岡山県だけでなく中国地方の仏教美術を集約し公開する。鳥取・大山寺の白鳳時代銅製観音像2躯、特徴的な髻の岡山・法界院聖観音菩薩立像、鳥取・三佛寺の十一面観音立像や蔵王権現立像、広島・浄土寺南無仏太子像、山口・般若寺聖僧坐像などなど、彫...

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
仏像の研究者です。
奈良大学の教員だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索