fc2ブログ

Entries

あべのハルカス美術館「円空-旅して、彫って、祈って-」鑑賞記

2月22日あべのハルカス美術館 開館10周年記念 円空-旅して、彫って、祈って-(2月2日~4月7日) 江戸時代の遊行僧円空の手になる行者系彫像の数々を、代表作を多数含んで初期から晩期までを見はるかす。岐阜・千光寺の彫像群が展示の中核をなし、同寺資料については撮影も可。千光寺両面宿儺坐像、三十三応現身立像、奈良・栃尾観音堂護法身像、岐阜・中尾薬師寺薬師如来坐像、園城寺善女竜王立像、法隆寺大日如来坐像、栃木...

奈良県立万葉文化館 「7人の万葉歌人からたどる万葉集」鑑賞記

2月21日奈良県立万葉文化館 館蔵品展 7人の万葉歌人からたどる万葉集(1月13日~3月3日) 額田王、柿本人麻呂、山部赤人、山上憶良、大伴旅人、大伴坂上郎女、大伴家持の7人の歌人の有田焼製人形をアイコンにして、時期を分けながら万葉歌の世界観を館蔵日本画で紹介。平山郁夫《額田王》、畠中光享《春柳葛城山》、片岡球子《富士》、加山又造《月と秋草》、上村淳之《佐保の詩》などのほか、狩野永納筆三十六歌仙色紙帖、管...

奈良県立美術館「漂泊の画家 不染鉄」、奈良教育大学教育資料館「密教寺院 妙法寺と八幡信仰」鑑賞記

2月1日奈良県立美術館 漂泊の画家 不染鉄-理想郷を求めて-(1月13日~3月10日) 開館50周年記念として同館で3度目の回顧展。木下美術館《山海図絵(伊豆の追憶)》、奈良県立美術館《山》、愛知県美術館《南海之図》、個人蔵《いちょう》など初期から晩期までの代表作とともに、赤膚焼や染色品等多様な作品も集める。独特な構図や画風に引き込まれる。南都正強中学(現・奈良大学附属高校)理事長・校長の経歴あり。図録あり...

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
仏像の研究者です。
奈良大学の教員だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索