FC2ブログ

Entries

今秋は山陰がアツイ!

今年の秋は、山陰地方で仏像・仏教美術をテーマとする展覧会が集中して開催されます。
頂いた新着情報を踏まえてご紹介します。

まずは、島根県立古代出雲文化博物館(→HP)。
「秘仏への旅―出雲・石見の観音巡礼―」(10月4日?11月30日)が開催中です。
 出陳リストはこちら
 島根の仏像・仏画の優品が集約されて展示されます。新発見・白鳳時代の金銅仏の出陳に関連して、法隆寺の銅造観音菩薩立像も参考出陳されることが急遽きまったようです(→こちら)。

そしてこちらも島根県の荒神谷博物館(→HP)。
「ふるさとの御仏―斐川・出雲を中心に―」(10月4日?11月24日)が開催中です。
出陳資料は次のとおりです。
 県指定文化財 法王寺 銅造観音菩薩立像(白鳳時代)
 重要文化財 万福寺(大寺薬師)月光菩薩立像(平安時代)
 重要文化財 万福寺(大寺薬師)持国天立像(平安時代)
 重要文化財 佛谷寺 聖観音菩薩立像(平安時代)
 斐川町指定 栖雲寺 天部形立像(平安時代)2躯
 斐川町指定 永徳寺 十一面観音立像(平安時代)
 島根県指定 成相寺 神像(平安?鎌倉)5躯
          大智寺 観音菩薩立像(江戸時代)

そして鳥取県立博物館(→HP)。
「はじまりの物語―縁起絵巻に描かれた古のとっとり―」(10月4日?11月9日)が開催中です。
 主催者情報では、「大山寺、三佛寺、宇倍神社、因幡堂など、県内及び鳥取ゆかりの県外寺社の創建や地域の「はじまり」を伝える縁起と、絵巻、仏像、古文書などの関連資料を通じて、古代・中世の鳥取を紹介します」とのことです。京都・因幡堂平等寺の薬師如来立像(重文)など、仏像も多数展示されているようです(→参考)。
 鳥取県立博物館では「重文 持国天・多聞天像(青龍寺蔵)等の特別公開」も開催中です(→こちら)。

島根県・鳥取県の仏教美術を集中して鑑賞する絶好の機会です。当方も山陰旅行計画中…。いかねばなりませぬ。

→【観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―】

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/107-3a22d625

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索