FC2ブログ

Entries

琵琶湖文化館、頑張って。

 滋賀県立琵琶湖文化館は、平成19年12月6日の県議会で教育長が「琵琶湖文化館は平成20年3月31日をもって公開中止(休館)」という方針を表明しました。膨大な国宝・重文等文化財が収蔵され、歴代の学芸員がさまざまな切り口で近江国の芸術文化を紹介し、滋賀県の文化財保護施策の一翼を最前線で支えてきた施設が、存続の危機となっています。正式決定は2月議会となるようです。
 こういった状況の中、琵琶湖文化館の活動の意義を振り返り、施設が果たしてきた社会的役割を共通の認識とするべく、琵琶湖文化館友の会主催のシンポジウムが、1月18日に行われます。詳細を琵琶湖博物館ウェブサイトから転載しますが、詳しくは元サイトをご確認下さい。
滋賀県立琵琶湖文化館ウェブサイト

琵琶湖文化館友の会シンポジウム
   「未来へつなぐ滋賀の文化財?琵琶湖文化館とともに?」

1.趣 旨
 琵琶湖文化館友の会は、近江の歴史・文化を愛する同好の士の集まりであり、滋賀県立琵琶湖文化館をサポートし、また琵琶湖文化館から多くを学びながら自己研鑽につとめ、会員相互の親睦を図ってきました。
 さて、滋賀県では平成20年度以降における県予算の大幅な削減が伝えられており、琵琶湖文化館は休館へとのマスコミ報道等があり、大変驚いております。琵琶湖文化館が昭和36年(1961)に開館以来、近江の貴重な文化財を展示・保存・公開してきた実績は、他館とは比べようがありません。我々には先人から継承してきた貴重な文化財を次代へと伝える義務があり、琵琶湖文化館が県民とともにその責務を担ってきたことは明らかです。
 琵琶湖文化館存続が危ぶまれているこの時に、あらためて琵琶湖文化館が滋賀県の文化財保護に果たしてきた役割を見つめ直す必要があるのではないでしょうか。さらに、貴重な文化財を未来へ伝えていくために今を生きる我々ができることなどについて会員をはじめ、県内外の皆さんと一緒に考えたいと思います。

2.日 時 平成20年1月18日(金) コラボしが21 3階 中会議室1
       滋賀県大津市打出浜2?1 tel 077-511-1400   
3.内  容
13:30 あいさつ
      第1部 基調講演   
      「滋賀県の文化財保護と琵琶湖文化館」
     琵琶湖文化館友の会会長・彦根城博物館館長 石丸 正運氏
14:15 第2部 シンポジウム
      「未来へつなぐ滋賀の文化財?琵琶湖文化館とともに?」
      パネラー
      元大谷大学教授(資料寄贈者) 高橋 正隆 氏
      文化庁文化財部美術学芸課文化財調査官 奥  健夫 氏
      就実大学教授 土井 通弘 氏
      滋賀県立琵琶湖文化館館長 宮本 忠雄 氏
      琵琶湖文化館友の会会長・彦根城博物館館長 石丸 正運 氏
      コーディネーター
      滋賀県立琵琶湖文化館学芸員 井上ひろ美 氏
  15:45 意見交換
  16:00 閉会

ブログ内関連記事
「休憩」前の琵琶湖文化館(2008年3月10日)
琵琶湖文化館休館決定(2008年3月3日)
琵琶湖文化館の展覧会企画力(2008年1月30日)
琵琶湖文化館、頑張って(2008年1月5日)

観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/11-d30502ab

トラックバック

コメント

[C6] 琵琶湖文化会館休館

はじめまして。

開設以来、週一度のペースで拝読させていただいてます。
また掲載されているデータが精確かつ便利で、旅行準備や図録の取り寄せの際にも
しばしば利用させていただいています。お世話になりっ放しです。

さて琵琶湖文化館休館の報、こちらではじめて知りました。
もちろんリンクされました文化館ウェブサイトも拝見しました。
あまりに急なことなので、今は何にも申し様がありません。
昨年、企画展開催中の平日に伺いましたが、学生とおぼしき小さなグループや親子連れなど
来館者が意外と多く、小さいながらも活力がある博物館だと思っていたのですが。
少しでも事態が好転することを願うばかりです。

[C7]

aoyama様

観仏三昧をご利用いただき、ありがとうございます。お役に立っているとの由、とても励みになります。

琵琶湖文化館の休館問題、当局はなぜその選択肢を進んで選ぼうとするのか、不思議でしょうがありません。
文化館はすでに指定管理者制度が導入され経費が圧縮され、それでも現場の努力で入館者数ものびているようです。また費用対効果(経費÷入館者)では琵琶湖博物館よりも効率がよいとのことです。構造上バリアフリーにはできませんが、休館にするぐらいならば例えば一階部分だけで運営するのもありだろうと、ハードリピーターとしては思います。
琵琶湖文化館友の会のシンポジウムは明日ですね。また別に、保存会の設立の動きもあるようです。最新の情報は、ブログでお伝えするようにいたします。
  • 2008-01-17 22:11
  • ookouchitomoyuki
  • URL
  • 編集

[C8]

こんにちは。「見もの・読みもの日記」を書いているjchzです(ちゃんとしたハンドルネームを持っていないのでIDのままで失礼)。※リンクを張っていただいていることを初めて知って、恐縮しました。

この記事、非常にショックを受けて、私のブログでも取り上げることにしました。少しでも多くの方に事態を知っていただくことができれば、と思ったのですが、滋賀県民でない我々にできる支援の方法って、何かないんでしょうか…。

[C9]

jchz様
こんにちは。いつもブログを楽しく拝見させて頂いています。

琵琶湖文化館、ほんとに何かできることはないものかと、やきもきする思いです。
行政が議会に方針を示した以上、行政内部での方針撤回はないので、議会がNOというか、知事の政治的判断があるかですが、現状の議論が「保存と活用の両方が大事」という話でなく、「休館すると資料が県外に流出する」「いえ、収蔵庫として残すから大丈夫ですよ」という落ちどころで進んでいるのが不安です。
破綻寸前の県財政が背景にあるとはいえ、権力機構によってミュージアムの機能が停止されることは、市民(県民)への情報統制にほかならないと私は感じるので、もと学芸員の市民派知事の政治力が、南びわこ駅同様発揮されることを期待しています。
滋賀県文化財保護連盟の存続要請の際の知事コメントは「県は厳しい財政状況にあり、なかなかお約束はできませんが滋賀県には、多くの貴重な文化財があり、それを次の世代に伝えるのは大切なことだと思います。」
うーん、微妙。

  • 2008-01-21 09:51
  • ookouchitomoyuki
  • URL
  • 編集

[C10] 何かできること。

はじめまして。
「見もの・読みもの日記」でご紹介されていたので、記事を拝見させていただきました。
私のブログでもこのニュースを取り上げました。
続報もきっちり書く予定です。
TBが上手くいかないので、当方のブログにて
こちらの記事をご紹介させていただいています。
事後報告で恐縮ですが、差し支えあれば削除いたしますので、お手数ですがご一報いただければと存じます。

[C11]

「あるYoginiの日常」管理人様
こんばんは。
拙ブログをお取り上げ頂き、ありがとうございました。
琵琶湖文化館問題、なにより今は多くの人が知ることが重要だと思います。だれもが近江国の文化財をたやすく見られる機会があることが、いかに得がたいものであるか、「失って初めて知る」では悲しすぎます。
たとえ予算が大幅縮小しても、文化館の所蔵・寄託資料ならば高い展示水準を維持できるはずですので、なんとか首の皮一枚でもつながって欲しい、と逆転を願うばかりです。
  • 2008-01-29 21:41
  • ookouchitomoyuki
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索