FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(2008年11月16日、17日)

11月16日
歴史館いずみさの
・特別展「日根荘と根来寺―戦国を生きる人びと―」
(10月18日?11月30日)
 戦国時代の泉南地域の歴史を、地域権力として強い影響力を持った紀伊国・根来寺との関わりから概観する。古文書、考古資料を中心に。慈眼寺所蔵の束草集の大井関社再興願文部分の写や大木村太郎兵衛講文書など、初見史料多く勉強になる。図録無し。

河内長野市立滝畑ふるさと文化財の森センター
・特別展「葛城修験―河内長野をとりまく山々の信仰―
(10月11日?11月30日)
 大阪・奈良・和歌山連なる金剛山地に二十八宿を設定し縦走する葛城修験に注目し、河内長野市内に残る文化財や史跡を紹介する。勉強になる。図録あり(30頁・500円)。

大阪市立自然史博物館
・特別展「地震展2008―今わかっていること・知ってほしいこと―」
(10月25日?12月7日)
 地震のメカニズムやその痕跡を紹介。地層の断面剥ぎ取りが多数並ぶ。3D眼鏡でみる日本海溝の実体視地図に感動。図録あり(64頁・800円)

11月17日
高山寺
 (社)和歌山県文化財研究会の文化財めぐりに随行。石水院本堂(国宝)内で明恵上人樹上座禅像と子犬像のレプリカを前に解説。十六羅漢の写真をもってくればよかった。

西明寺
 高山寺から歩いて西明寺へ。本尊の釈迦如来立像(清凉寺式・重文・鎌倉時代)、脇室の千手観音立像(重文・平安時代)のほか、本尊厨子脇の観音菩薩坐像(南北朝時代)などを拝観。

神護寺
 昼食後神護寺へ。本堂内にて本尊薬師如来立像(国宝・平安時代)、脇侍日光・月光菩薩立像(重文・平安時代)の解説、拝観。少し時間があったので和気清麻呂の墓所に行き、さらに文覚上人の墓を目指して一人山中に入るが時間切れでたどり着けず。往復30分は見ておくべきのよう。

【観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―】

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/122-a9f042be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索