FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(2009年2月8日)

京都国立博物館
・特別展覧会 御即位二十年記念 京都御所ゆかりの至宝―甦る宮廷文化の美―
(1月10日?2月22日)
 御所においてはぐくまれた宮廷文化の美のかたちの諸相を展観。会期後半の日曜日なので随分混んでおり30分待って入館。水無瀬神宮の後鳥羽天皇像(国宝)、長福寺の花園天皇像(国宝)、妙法院の普賢菩薩騎象像(重文)をしっかり見て、あとはさらっと。常設展がない分、1300円に割高感を感じる。財布が寒い…。図録あり(2500円、324頁)。

泉涌寺心照殿
・泉涌寺の仏画と仏具
(1月27日?5月24日)
 京博で天皇家の美の世界を鑑賞したので、御寺へも拝観しておく。心照殿では所蔵の仏画等を展示。仏涅槃図は天文8年(1539)土佐国綱兄弟の筆。描表装の豪華なもの。釈迦三尊像(室町時代)は近年の修理で明兆筆の墨書が発見されたとのこと。日本に残る宋代彫刻の代表作である観音菩薩坐像(重文、通称楊貴妃観音)も拝観。

戒光寺
 せっかくなので、塔頭のいくつかにも立ち寄る。まず戒光寺で鎌倉時代造像の本尊釈迦如来立像(重文)を拝観。宋仏画を元に造像された異国風あふれる一丈八尺の巨像。

即成院
 続いて即成院で、平安時代後期に造像された本尊阿弥陀如来像(重文)と二十五菩薩像(重文)の群像を拝観。併せて公開中の来迎会で使用する仮面も拝見させてもらう。紙製とのこと。今熊野観音寺もちょっと立ち寄る。

【観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―】

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/147-6c4e29dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索