FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(2009年4月13日)

法隆寺大宝蔵殿
法隆寺秘宝展―僧房と子院と寺僧たち―
(3月20日?6月30日)
 恒例の春の大宝蔵殿での展示。僧具メインかと思えば、さにあらず仏像も多い。三経院の阿弥陀如来坐像(重文)と広目天・多聞天立像(重文)が第一室に。宝塔を振り上げ掲げる多聞天は古き南都の伝統。奈良仏師なのだろう。観勒僧正像とされる聖僧像(10世紀・重文)は本来は聖僧文殊。初めて見た。北室院の不動明王二童子像は不動が平安後期、童子が南北朝。その他塔頭の仏像も並ぶ。朱漆塗の漆器も多数展示される。見応えあり。図録なし。

【観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―】



スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/171-fd0ac97d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索