FC2ブログ

Entries

「学芸員に必要な力とは何?」

 博物館経営論の講義(帝塚山大学)でのアンケート2009年度第2回、「学芸員に必要な力とは何?」。以下、回答の50音順に列記します。「・・力」の形で答えてもらうように言うのを忘れてしまったところ、「?な知識」「?心」という回答が増えてしまった・・。

・ある特定の分野に関する幅広い知識、自らが属する館の展示品についての知識。一般の人に見せる・伝える力。
・コミュニケーション力
・さまざまな情報や知識をより多く集める力。色々な角度から物事を分析する力。
・社会の動きに敏感でいられる力。
・所蔵資料に関する基礎知識。展示に関する知識。パソコン能力。資料整理力。レジュメ作り、レイアウトetc.
・資料の謎な部分を解き明かす探求心。館をより多くの人々に見てもらえるようにするための向上心。
・専門性、企画力、探求心
・専門的知識
・専門的な技術
・創造力
・属する館の専門としている分野の知識。
・知識と遊び心。
・知識と表現力。
・知識、根気、人脈、発想、価値の創造。
・知識、やる気、忍耐
・常に展示品などに対して、館内に入ってくる人に、ひたむきに答えを見いだそうとする力。
・展示する能力(見た目や構成など)
・展示などを見せる魅力ある展示(を行う力)。
・展示を一般の人に理解できるよう分かりやすく説明する力。
・統率力
・努力を惜しまない力。
・博物館に関する基礎的な知識、パソコン能力。
・博物館をどのようにすれば今までよりもよくなるか日々考える力。
・博物館をよりよくするための向上心。
・発想力
・幅広い知識、博物館に対する意欲。
・判断力
・必要な学問全般と、館に関する知識、運営していく行動力
・物事を総合的に考える力や想像力。
・モノやコトの本質を見抜く力。
・より深い知識を得るため、日々勉強や研究に力を注ぐ力

【観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―】


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/179-5d624235

トラックバック

コメント

[C49]

素人ながらに探究、20年!
 各地のシンポや講習会に出没し、広い北海道内を駆け巡る。
 あちこちの博物館と資料館を訪れて感じること、思いを痛烈に著わしています。

歴史ブログサイト《北海道ブログ チャンネル北国tv/歴旅・温泉、そしてチョッと釣り》
 
  • 2009-05-14 08:00
  • 釣山 史
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索