FC2ブログ

Entries

玉稿頂戴しました(20090506)


「近江への黄檗勢力の伸展は、複数の法系において同時並行的に行われたが、祐堂にはじまる一派による末寺群は、栗太郡域および彦根周辺に重要な一角をなした。」(松岡2009、10頁)

松岡久美子「萬年寺の文化財―小野寺から黄檗寺院萬年寺へ」(『栗東歴史民俗博物館紀要』15、2009年3月)

「(前略)樹神には四天王に従う者としての立場・位置づけがなされている(中略)天王像の台座として表された牛・羊の造形には、四天王に従う立場である樹神の化身という意味が込められているのではないか」(清水2009、84頁)

清水真澄「法隆寺金堂持国天像の牛頭人身形邪鬼について」(『博物館学年報』40(同志社大学)、2009年3月)
ありがとうございました。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/190-66de1665

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索