FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(2009年7月6日)

久米寺(奈良県橿原市久米町)
講義を終えて、親を見舞って、立ち寄る。久米仙人の説話と、空海が大日経にまみえた場所として著名。境内の多宝塔(重文・江戸初期)は、江戸時代後期に仁和寺から移築されたもの。本堂本尊は丈六の薬師如来坐像。堂内拝観をお願いしようとするも、境内工事中でお寺の方がばたばたしてるので遠慮する。
久米寺多宝塔

吉祥草寺(奈良県御所市茅原)
役行者誕生地、修験道の道場。本堂本尊は等身大の五大明王像(画像)。江戸時代と思うが、作行きの違う像も混じる。本堂は近年再建された(前身建物は14世紀末期、応永年間建立とのこと)。以前訪れた時に拝観した、等身大の役行者像は中世のものだったが、本堂隣の行者堂も撤去され、移坐されたようで拝観かなわず。画像手前の二天門安置の二天像は、平安時代後期、12世紀の製作だが、損傷が進む。特に足もとの朽損が目立つ。未指定。
吉祥草寺2009
吉祥草寺二天1 吉祥草寺二天2

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/222-7b4841b5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索