FC2ブログ

Entries

玉稿頂戴しました(2009年7月12日)


聖地は現実の地理的制約を越えて社会的実在として現説空間の中に立ち現れる。そこには「現実の聖地」と「観念の聖地」の相乗作用が生じて、聖地は歴史と記憶の貯蔵庫の相貌を帯びる。聖地を考える時、聖なる場所とは何かと問うのではなく、聖地とはその場所を聖地と見なしている人々に依存して成立していることを認識しなければならない。(鈴木2009、201-202頁)

鈴木正崇「ハヌマーンとサルタヒコ?構造論的比較の試み」(篠田知和基編 『神話・象徴・言語』、楽瑯書院、2008年3月)
鈴木正崇「聖地・熊野の神髄」(篠田知和基編『天空の神話?風と鳥と星』、楽瑯書院、2009年3月)

ありがとうございました。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/224-b489db46

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索