FC2ブログ

Entries

そして今日も、熊野を走り回る。

 3日かけて、特別展「熊野三山の至宝」の展示資料を借用するため、トラックにのって熊野三山をぐるり一巡。途中から資材が不足気味になるも、日通関西美術品支店の精鋭を投入していただいたので、現場での臨機応変力に助けられ無事集荷完了。これで展示資料の9割5分までが集まりました。
 でも、まだまだ山はある。図録の校正原稿は、校了予定日をすぎてまだ、真っ赤っか。展示キャプションも作らねば。補助キャプションも作らねば。子ども向けパンフレットも作らねば。音声ガイド用原稿も作らねば。その吹き込みもせねば。展示設計図も作図せねば。うーん、予断を許さない状況。
 そんな中、昨日は和歌山県立博物館ウェブページに、出陳リストをアップしました。付与された厳しい予算という条件の中で、展覧会を作り上げる専門家として、やれるだけのことはやりました(まだ、完了形で書くのは早いですが)。そして展示には、何のために展覧会を開催するのか、和歌山県立博物館は何をしているのか、そして何をするのか、というメッセージも通底させました。博物館があることの意義を自ら問いかけ、資料の共有化を図り、展示する文化財のかけがえのなさと、博物館という場があることのかけがえのなさを、少しでも伝えられればと思います。でも、まずは、期日に間に合わさないと・・・。

世界遺産登録5周年記念特別展「熊野三山の至宝―熊野信仰の祈りのかたち―」
和歌山県立博物館ウェブページ

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/235-13e4140c

トラックバック

コメント

[C68] 熊野大好き

先日熊野に行ってきました。12年ぶりに訪れた熊野はやはり素晴らしいものでした。特に那智の滝は圧巻でした。滝を目の当たりにして、神聖な気持ちになり、手を合わせずにはいられませんでした。
12年前はまだ熊野古道は整備されておらず、それはそれで良さがあったと思いますが、今の方がたくさんの人に熊野古道の魅力を知ってもらえますね。清濁すべて受け入れてくれる熊野に癒されました。
次回は大峯山にも行きたいと思います。いつか奥がけを体験することが夢です。

[C69] Re: 熊野大好き

にわとり様
私も、何度那智の滝を見ても、そのたびに感動します。
あの大きさ!あの構図!
滝に神を、そして観音を重ねてイメージした中世人の感覚は、とても豊かなものだと思います。

私も大峰山は未体験です。修験の行も体験してみたいです。
ああ、知らないことばかり(^^;)
  • 2009-08-26 06:31
  • 大河内智之
  • URL
  • 編集

[C71]

特別展をやるには様々な、お仕事があるのですね。目が回りそう。ご苦労さまです。
想像以上にやるべき項目があるのですね。
非常に興味深い展示になりそうですね。
和歌山がもう少し近かったら足を運ぶのですが。。。
図録だけでも手にいれようと思います。別会場の分も合同の図録なのでしょうか?
  • 2009-08-26 22:12
  • もくじき
  • URL
  • 編集

[C72] Re: タイトルなし

もくじき様
こんにちは。
そーなんです。特別展がかたちになるために、構想段階から展示まで、積み重ねていく作業は多いです。魅力的な展覧会にするためには、さらに+αを重ねる必要もありますし・・。
図録ですが、現地会場の展示資料まではフォローできていません。すいませんm(_ _)m
何点かずつでも、掲載すればよかった!。ああ、すでに後悔が・・。

なお、現地会場それぞれでも、図録等製作の予定はございません。
ただ、それぞれの出陳資料目録は、和歌山県博で作成し、配布(ネットでの掲載を含めて)する予定です(これも早く作らないと・・・)。
  • 2009-08-28 05:49
  • 大河内智之
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索