FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(2009年8月27日)

奈良国立博物館
聖地寧波 日本仏教1300年の源流―すべてはここからやって来た―
(7月18日?8月30日)
 再訪。といっても、担当特別展の展示資料の借用が用件。作業をすませて、30分だけトラックに待っててもらって、駆け足で一巡り。 法恩寺菩薩坐像を目に焼き付ける。あの抑揚のないブロックのような体型を積極的に評価する観点が必要なのだろうと思う。信仰対象にリアルは必須条件ではない。と考えたとたん、興国寺の法燈国師像の生動感あるその表情にはっとする。展示される文脈で、こんなにすごい絵だったのかと気づくことができる。日々勉強です。しかし南宋彫刻と頂相画の間に隔たる溝はなんでしょう。
 美術史は、まだまだ可能性がある研究分野だと思う。切り捨てている部分がとても多いから。研究者は、あらゆる文脈から、作品と対峙せねばならない。自らのものさしを、常に相対化して置き換える苦しみを科しながら。いいものをいいというのが研究ではない。いわねばならないことをいうために、自分が何をいわねばならないのかを自覚するための営みこそが、研究だと思う。

世界遺産登録5周年記念特別展「熊野三山の至宝―熊野信仰の祈りのかたち―」

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/237-347559e1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索