FC2ブログ

Entries

ある展覧会会期中の一日(3)

 10月16日。5時起床。観仏三昧の更新をして、7時に出立。県内某町某寺に8時30頃到着、午前中調査を行い、住職といろいろ相談する。急いで博物館に引き返し、疲れからか猛烈に眠いのを我慢して、朝にアップしてもらっておいた次回特別展「野呂介石」展のウェブページをチェック。修正箇所発見。
 午後1時、県内某自治体の教育委員会のグループに展示解説。約2時間の解説で、声がでなくなる。ついに喉をやられたらしい。会期中、30回以上解説しているので、喉はずっと不調。本日は博物館に外部監査が入っている日で、展示解説中にその一行が展示室を巡検。上司たちはピリピリムード。解説後、某自治体教育委員会の担当職員さんと情報交換。先の台風で山中の道を封鎖しにいったとのこと。大変。ご来館してくださった知り合いの研究者にご挨拶して机に戻り、次回特別展「野呂介石」展示キャプションの山のような校正原稿をチェック。
 本日は夜間開館日なので、展示室の様子を確認。会期終了間近ということで、普段の夜間開館時より人が多く、受付職員さんとともに喜ぶ。ミュージアムショップも覗き、お客様とお話していると、知り合いの研究者の方がご来館。ご挨拶する。
 席にもどり、昨日某町某資料館に頼まれたものの先延ばしにした資料をチェックするため、ノートをもって収蔵庫に。某資料の数等を確認して、内容をFAXで先方に送信。事務的な懸案事項を上司と打ち合わせして意見を擦り合わせ、20時職場を離れる。眠い。

 学芸員は普段いったい何をやっているのか外から見えないと言われたので、ためしに3日間の仕事日記を付けてみました。ばたばたしています、ってことで。

世界遺産登録5周年記念特別展「熊野三山の至宝―熊野信仰の祈りのかたち―」

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/262-d05bddd9

トラックバック

コメント

[C82]

昨晩は、わざわざご挨拶頂き、恐縮に存じます。
展示構成の意図が明確で大変わかりやすく、あっという間に1時間、経ってしまいました。じっくりと時間が取れなかったこと、つくづく悔やまれます。
本地仏と神像とを重ね合わせてみる仕掛け、楽しかったです。
ずらっと並んだ本地仏曼荼羅や宮曼荼羅には、圧倒されました。
神宝類は、新宮の宝物館でも一部、見ていましたが、蒔絵の解説とともに体系的に配列され、その全貌をイメージするのに有益でした。
諸々、とうてい書き尽くせませんが、「おなかいっぱい」楽しませて頂きました。
ありがとうございました。

追伸 受付やショップの職員さんのホスピタリティも素晴らしいですね。妙に無愛想な博物館もありますから…。(笑)
  • 2009-10-17 10:35
  • 源健一郎
  • URL
  • 編集

[C85]

源様、御来館、ありがとうございました。
あっというまの閉幕です。展覧会の宿命ながら、会期を過ぎれば展示空間が残らないことに、いつも少し感傷的な気持ちになります。
 受付・ショップの職員の皆さんに、「お褒めの言葉」いただいてますよと伝えたら、みんな喜んでいました。ありがとうございます。
  • 2009-10-18 09:12
  • 大河内智之
  • URL
  • 編集

[C86]

観仏三昧の更新を楽しみにしています。

熊野三山の至宝展に行きたかったのですが、日程が合わずに行けませんでした。

他の博物館で継続して展示する予定などございますか?

教えていただけましたら幸いです。

[C87]

もくじ 様

 いつも拙サイトをご覧頂いて、まことにありがとうございます。
 「熊野三山の至宝」展は、和歌山県立博物館単館での開催で、巡回はいたしません。申し訳ありません。
 さまざまな機会を捉えて、熊野の文化財を展示する展覧会を考えて参りたいと思います。なにとぞ、今後とも、和歌山県博をよろしくお願いいたします。
  • 2009-10-22 19:12
  • 大河内智之
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索