FC2ブログ

Entries

玉稿頂戴しました(2009年12月24日)


以上のことから管見の限りにおいて、現存する壁画は、金沢貞顕による称名寺伽藍整備の時期に、講堂に描かれたものと考えたい。(向阪2009-1、33頁)

?向阪卓也「新出の称名寺壁画断片とその諸問題について」(『金澤文庫研究』323、2009年10月)
 金澤文庫での展覧会でおなじみの向坂さんの可愛いイラスト満載の次の本も頂戴しました。
?清水眞澄『よくわかる仏像のすべて』(講談社、2009年10月)

そして、これらの造形上の特徴は、本像が脱活乾漆造の作例ながらも天平時代の最末期に位置づけるより、平安時代(八世紀最末もしくは九世紀初め)の造像であることを示唆するようである。(津田2009-1、83頁)

?津田徹英「研究資料 脱活乾漆造 菩薩立像」(『美術研究』398、2009年8月)
?津田徹英監修『国宝の美 彫刻7 平安時代の密教彫刻』(朝日新聞社、2009年12月)

十世紀初頭は、従来の絶対的な規範が揺らぎを見せ、それにともなって社会が大きく変動し始めていた時代であった。こうしたさなかに、御願上醍醐伽藍は発願されたのである。上醍醐の伽藍構成、そして薬師如来像の造形構成に見出せる特徴、すなわち「混成」とは、規範の揺らぎ、そして新たな規範の模索を示すものにほかならない。(皿井2009、15頁)

皿井舞「醍醐寺薬師三尊像と平安前期の造寺組織(下)」(『美術研究』398、2009年8月)

本稿は春日若宮おん祭以外の祭礼の史料を用いて、これまで解明されてこなかった近世田楽法師の離散の理由を明らかにしようとしたものである。藤田左内の和歌村への移住は、特別な例かもしれない。しかし、田楽法師への扶持が彼らの離散や移住と大きく関係していることを提示できたのではないか。(吉村2009、44頁)

吉村旭輝「和歌祭田楽人藤田左内の移住と扶持―伊藤家所蔵の田楽座関係史料をとおして―」(『和歌山大学紀州経済史文化史研究所紀要』30、2009年12月)
頂戴いたしました学恩に感謝申し上げます。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/286-71eb75d5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索