FC2ブログ

Entries

玉稿頂戴しました(2010年1月9日)


特定の神が固定的に祀られ続けるのではないという点は重要だ。「神尾」とは一義的に神の依り代であって「時々の神の依りましとして機能するトポス(場)」と認識された山と定義できようか。(中略)本稿の成果は、馬場南遺跡発掘調査で注目された奈良時代の「神尾」の語について諸史料から読みと意味を確定し、「神尾寺」と総称すべき寺院類型の存在を析出し呈示したことにあると自任している。(伊藤2009、31頁・44頁)

伊藤太「「神尾寺」と木津天神山をめぐるトポス」(『やましろ』23、2009年10月)
ありがとうございました。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/293-a99dcd3d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索