FC2ブログ

Entries

「締め切り」の効用

 先般より懸案の論文を締め切りぎりぎりにまとめたところ、松尾豊「なぜ私たちはいつも締め切りに追われるのか」に接する。といってもジョークで書かれた論文調エッセイ。笑いながら読む。とはいえ、結論の「反省すべきは「早めにやっておけば良かった」ではなく、「もっと集中すべきだった」である。」は、ホントその通りだと思う。集中できないから書けないのである。
 やらねばならない仕事が幾つも林立している状態で、その総量にあせりながら同時並行に処理してもはかどらないし、一つ一つが中途半端になりがちである。限られた時間だからこそ、慌てずに仕事を分別して、順にリソースを集中させるということを(こうやって書いてみるといたく当たり前のことだが)、あらためて肝に銘じたい。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/295-1c959443

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索