FC2ブログ

Entries

琵琶湖文化館の今後

 本ブログで、定点観測的に触れてきている琵琶湖文化館については、先に平成21年8月21日滋賀県行政経営改革委員会による「外郭団体および公の施設の見直しに関する提言」で廃館と提言されていましたが、それをもとに滋賀県が平成21年12月に策定した「外郭団体および公の施設見直し計画」が提示されていました。文化館に関する内容は以下の通り。

琵琶湖文化館見直し方針
 建設後半世紀経過し、収蔵庫・展示室も手狭となっていますが、増改築が困難であり、新たな収蔵品の収集、保管、展示に影響を与えるため、現施設の機能は廃止します。別の展示保存施設の確保に努めますが、確保までの間、休館中の現施設において保管を継続します。

具体的取組内容
? 当分の間、現施設において保管を継続するとともに、収蔵品の活用を図るため、他の博物館等で展示等を行います。
? 別の展示保存施設が確保できるまでの間、現施設の継続利用の適否について検討するため、必要な対応を行います。
? 琵琶湖文化館が果たしている機能を継承するため、別の展示保存施設確保のため基本的な考え方を整理し、財政状況等を踏まえながら、平成24 年度までに検討を終えます。

 確実に決まったことは、現施設の改修等は行わず廃止。ただしそれは湖中にそびえるという立地環境から増改築困難であり、「新たな収蔵品の収集、保管、展示に影響を与える」ため、となりました。「新たな」活動のために廃止、というのは前進、と捉えられそうです。
 そして「別の展示保存施設確保のため基本的な考え方」を「平成24年度までに検討を終えます」とのことで、平成24年3月31日までに、次の方向性が提示されるということ。こちらも新施設確保を前提としていて、やや前進。
 博物館としての琵琶湖文化館は、まだ当分は満身創痍で片翼飛行ですが、でもミュージアムを残すことの重要性がだんだん共有化されてきているのだとすれば、希望がもてる途中経過です。それにしても、文化館としての展示施設の実現は、まだまだ遙か先の霧の中、です。私の職場でも荒波がやってくる予感。気持ちを充実させて難局に対処していかねば。

ブログ内関連記事
琵琶湖文化館、頑張って(2008年1月5日)
琵琶湖文化館の展覧会企画力(2008年1月30日)
琵琶湖文化館休館決定(2008年3月3日)
「休憩」前の琵琶湖文化館(2008年3月10日)
栗東歴史民俗博物館、頑張って!(2009年3月13日)
琵琶湖文化館さらに受難(2009年10月11日)

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/297-2b75c18c

トラックバック

コメント

[C114] 荒波の中で

こんばんは。先週、滋賀県に出かけてきました。京阪電車の中から、休館中の琵琶湖文化館の姿が見えると、切ない気持ちになります。館員も支援者の皆さんも、がんばっているのに…。
人通りの少ない大津駅前を歩きながら、結局、地域社会が元気にならないと、博物館ばかりを守ろうとしても駄目なのかなあ、ということも考えました。

[C115] 元気

 元気が必要、ほんとにそうですね。地域社会が元気なときにできた博物館は、そうでなくなったときに岐路に立たされる、という構図なのだろうと思います。
 博物館・美術館を、地域社会がずっと持ち続けるためには、理想論かもしれませんが、ミュージアムが地域社会の元気を生み出す熱源の一つになることが必要なのでしょう。地域社会と関わり、そして地域社会へフィードバックしていく双方向性を意識し、目前ではなく一歩先にいかなる影響を及ぼすことができるか、その目標を持ちつつ事業を積み重ねていかねばなりません。言うは易く・・、ですが、荒波からミュージアムを守る人でありたいと思います。
  • 2010-01-23 09:07
  • 大河内
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索