FC2ブログ

Entries

昨年度の展覧会数

「観仏三昧」の展覧会情報のページで掲載した、平成20年度の12ヶ月分のデータを、もう次の年度も終えようとしている今になって、ようやく統合することができました。
観仏三昧トップページ→過去情報
平成20年度に掲載した情報は、施設数1441館、展覧会数5478本でした。
平成19年度が1261館・4631本、18年度は1172館・3850本。情報収集の精度は年々上がっているようです。
でも、こんな水準でこれからもやり続けられるのだろうか。5478本の展覧会って、毎日15本づつ打ち込んでいる計算。め、目眩が・・・。
そして、もうすぐ、そんな蓄積など無関係に、また最初から展覧会情報を打ち込まなければならない無間地獄、もとい新年度がやってきます。今年は、どんな展覧会が、日本のあちらこちらで、開催されるでしょうか。楽しみ?。
当方の勤務先、和歌山県立博物館の平成22年度展覧会情報も掲載しました。
和歌山県立博物館
特別展「移動する仏像」(4/24?6/6)、特別展「京都・安楽寿院と紀州・あらかわ」(9/18?11/7)、企画展「「文化財」の基礎知識」(11/13?1/10)と、今年も仏像をたくさん展示します。ぜひご来館下さい。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/302-d7d20fd3

トラックバック

コメント

[C127] 「移動する仏像」展、興味ありますー

「移動する仏像」展、非常に興味があります。

かなり山の中でも平安・鎌倉期の御像が残されていて、地域の信仰と経済と人口の高まりがあって、御像が作られたり、移動してきたりと考えております。そして、それはその地域の文献が残っていない時代の歴史を体現していると。

で、そういった地域は過疎や経済構造の変化(山の富の価値の下落)によって疲弊しており、どうにかしなければいけない場面に出会います。

これまで私は御仏像はそんなに移動しないという考えを持っていたのですが。。。先日調査で移動した記録が残された御像に出会いました。どういった場面で移動していくのか知るのは非常に勉強になります。その点が分かるような展示・図録になられるのでしょうか?

日本初のこういったテーマの展覧会とのこと。斬新ですね。

[C131] ありがとうございます

もくじき様
 仏像は往々にして、物理的に移動することが可能なものですが、だからといってたやすく移動するものでもない、と思います。それでもなお、多くの仏像が移動し、そして今日まで残されています。
 これまで彫刻史研究の上で、仏像の移動という問題自体に焦点があてられることがなかったのですが、今回は、地域史を把握するという観点から、仏像の移動がどんなときに、どのように行われるのか、そしてその上で、仏像がなぜ長く守られるのかということを考えてみたいと思っています。
 図録も作成しますので、できるだけ有用なものになるよう、これからがんばって執筆したいと思います(まだ、影も形もありませんが)。
  • 2010-02-13 22:10
  • 大河内
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索