FC2ブログ

Entries

玉稿頂戴しました(2010年3月10日)


これらの文化財は信仰対象であるばかりでなく、また単に美術史上の作例の一つでもなく、ある時代の社会の在り様やそこに生きた人々の心の内面にまでも迫ることのできる、貴重な記録者であることを忘れてはならないであろう。(近藤2010、76頁)

近藤謙「総説 大智寺仏像群について」(仏教大学宗教文化ミュージアム編集・発行『仏教大学宗教文化ミュージアム資料集 古代夜久野 大智寺の平安仏』、2010年2月)
『蓮花寺佛教研究所紀要』3号(2010年3月)
 高橋秀城「僧と財のあわい―無住の著作を手がかりとして―」
 小林崇仁「日本古代における山林修行の資糧(一)―乞食・蔬食―」
 山野智恵「「仏教と経済」研究の視座―中村元『宗教と社会倫理』批判から―」
 遠藤純一郎「華厳教学と密教―空海入唐以前の在唐密教祖師の動向から―」
 遠藤祐介「鳩摩羅什門下の思想展開について―『易経』の力学―」

玉稿・研究紀要を御恵投賜りました。ありがとうございました。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

和歌山県立博物館
特別展 移動する仏像―有田川町の重要文化財を中心に― 2010年4月24日?6月6日
【移動する仏像展日誌】


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/309-aacebf01

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索