FC2ブログ

Entries

「あなたの理想の博物館」

 博物館経営論(帝塚山大学)アンケート、2010年度6回目。ユネスコの「博物館をあらゆる人に開放する最も有効な方法に関する勧告」を学習してもらったので、このお題で。

■あなたの理想の博物館(回答50音順)
・いろんな人が、いつでも楽しんで学べる博物館。
・音声案内、もしくはガイド役による、ある程度予備知識がなくても楽しめること。自分が知らなかった知識が増える場所。
・固い印象がなく、気楽に誰でも行けて、知りたいことはすぐ分かる、その後の自分に役立つ展示を見れたら、大抵の人は気分が良いと思います。
・客があまりおらず、気に入った展示の前にずっと立ち止まって眺めていても他の人の迷惑にならず、館の人に「早くどいて下さい」と急かされない博物館。
・恐竜の展示が一部屋でもある博物館。
・国内に一つくらいは、ルーヴルのように何日かかけて見学できるほど、立派で充実した施設があれば嬉しい。入館料を安く設定し、飲食や設備、グッズ等を少し高めにしてもよいと思う(もちろん安ければ嬉しいですが・・)。
・子供たちが展示を見て、体験し、楽しんでもらえるような博物館。
・閉まる時間が早すぎるので、もうちょっと遅くまで開館して欲しい。学生向けに2人や3人といった複数人数できたらさらに割引をしてほしい。
・だれが来ても楽しめる博物館。
・どの年代の人、誰と来ても楽しめるようなところがいい。車イスであっても関係はなく、皆が心から良かったと思えるところ。
・ナイトミュージアム2に出てきた博物館
・入館料が無料の博物館。
・入館料が無料とまでは言いませんが、とにかく極めて安く、また館内も静かで、かつきれい、そして、館を出て帰るときに来てよかったと思える博物館・美術館。
・入館料無料。毎日開館している(夜間も)。アクセスしやすい(交通等)。娯楽と知識に通じる。気軽に立ち寄れる工夫をしてほしい。
・入館料無料。交通機関が整っていて、かつ伝えたいことを正確かつわかりやすく伝えている。
・はじめて博物館に入る人や、あまり詳しくない人でも気軽に遊びに行くような気持ちで入れる、あたたかい雰囲気の博物館。
・仏像や彫刻品がどの角度からでも観ることができる博物館。
・料金が安い。無料だとなお良い。施設がキレイ。駅から5分以内、もしくは15分に1本はバスが出ている。人が少ない、うるさくない。図書館が近い、もしくはネット利用ができる。

 気分がよく、心から来てよかったと思える博物館。博物館経営の核として、ふさわしい理念であると思います。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

和歌山県立博物館
特別展 移動する仏像 ―有田川町の重要文化財を中心に― 2010年4月24日?6月6日
【移動する仏像展日誌】

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/339-40a651e4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索