FC2ブログ

Entries

玉稿頂戴しました(2010年7月17日)


「金剛智がまとう褐色の袈裟。このイメージの伝統は決して滔々と流れ続けるものではなかった。少なくとも中世にはほとんど忘れ去られていたといっても過言ではない。いま「金剛智の袈裟」と聞いてどれほどの人が褐色の袈裟を思い浮かべるだろうか。達磨とその袈裟のイメージの固着性との隔たりは大きい。」(児島2009、70頁)

児島大輔「金剛智の袈裟―正倉院宝物に関する覚書―」(『奈良美術研究』8、2009年3月)
児島大輔「正倉院宝物樹皮色袈裟に関する一考察」(『奈良美術研究』9、2010年3月)

「鑑真像の肩にかかる衣が、これまで言われてきた「横帔」ではなく、「坐具」であることを述べた。(中略)鑑真像の着衣は南山律の服制を表しており、その学系における解釈と継承という実態を知る上で重要な手がかりとなる。そこには道宣の思想の一端が垣間見えるのである。」(竹下2010、29頁)

竹下繭子「鑑真和上像の服制と道宣の着衣論」(『仏教芸術』310、2010年5月)
ありがとうございました。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/356-c5f4e74f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索