FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(2010年9月26日)

国立民族学博物館
・企画展 歴史と文化を救う―阪神淡路大震災からはじまった被災文化財の支援―
(7月22日?9月28日)
 終了間際になんとか駆けつける。地震や水害など自然災害により被災した文化財の救出や保存などの活動を紹介。仏像では、2007年能登半島地震で被害をうけ修復された等身大の阿弥陀如来坐像(平安時代後期、個人蔵)、2003年中越地震で被害を受けた狛犬(鎌倉時代、物部神社蔵)を展示。水損古文書をフリーズドライで乾燥させる小型で移動可能な機材も開発されており、普及が望まれる。文化財レスキューの体制を作るために知っておくべき先行事例を知り得て有益。パンフレット(27ページ)あり。

EXPO'70パビリオン
 ついでに、太陽の塔をながめ、今年3月にEXPO'70パビリオンとしてリニューアルされた旧鉄鋼館も見学。万博前史から、EXPO'70の開幕から閉幕までの通史を映像を活用して構築。途中パソコンの端末で、全パビリオンを復元したCG画像や、万博の報告書を調べることができ、しばし利用。大阪万博の大きなエネルギーを実感し、現代史の展示として楽しんで鑑賞。3月までここに保管され大半が廃棄された近現代産業資料2万数千点の歴史は、整理されないままどこへ漂っているのか。
太陽の塔2010

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/377-6e1f7329

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索