FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(2010年10月10日)

八尾市立歴史民俗資料館
・特別展 高安の神と仏 人と信仰
(10月9日?11月29日)
 八尾市内の東部、高安地域の玉祖(たまおや)神社遷座1300年を記念して、高安の信仰史の諸相を提示。玉祖神社の男神坐像・女神坐像は、平安時代、10世紀後半?11世紀初頭の作。男神像は幞頭冠をかぶり、袍をつけ、拱手、趺坐する。袍は胸元を開きながら襟を高く立てて特徴的。冠の前に、仏像のような冠飾があるのも不思議。女神像は左足を立てて座り、衣に入れた両手をその膝上にのせる。持物穴あり。縁起に長保4年(1002)、新たに勝地を山麓に開き、山頂の神殿を遷し奉ったとあることは、制作時期を考える上で注目すべき情報。ほか、神宮寺感應院の十一面観音立像(平安時代後期、重文)、恩智神社の猿楽で用いられたと見られる室町時代の翁・父尉・黒色尉面も興味深い資料。図録あり(80ページ、500円)。娘の幼稚園の運動会が雨天順延のため、大阪にでることにしたのに、結局仏像鑑賞(^^;)。罪滅ぼしに府立蜻蛉池公園で遊ばせる。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/382-b0c7ab79

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索