FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(2010年10月17日)

正明寺(滋賀県蒲生郡日野町松尾)
・三十三年に一度の本尊ご開帳
(10月17日?11月23日)
 日野町の正明寺を訪問。開帳前に法要があり、地域の方々が集結。法要開始が遅れ、法要も1時間あって、待機時間が長かったが、黄檗宗のとても音楽的な法要をみられたのでよし。本山である宇治の万福寺ではまさしく中国式の発音での読経と、集団によるオーケストラのような法要だが、そのへんはローカライズされていて、こじんまりとしている。本尊の千手観音・不動明王・毘沙門天立像(重文)は間近に見られる。鎌倉時代後期の作で、素地仕上げ。中尊光背の身光部も当初のよう。本堂は、後水尾天皇より拝領した御所建築で、重文。禅堂安置の大日如来坐像(県指定)は、鎌倉時代前期の優品。
正明寺開帳

大津市歴史博物館
・開館20周年記念企画展「大津 国宝への旅」
(10月9日?11月23日)
 大津市内の寺院所蔵の国宝・重要文化財を始めとする優れた仏教美術を一堂にあつめる。園城寺の重宝、不動明王像(国宝、黄不動尊)、智証大師坐像(国宝、中尊大師)、五部心観(国宝)のほか、明王院本や恵光院本など不動明王像や、園城寺・石山寺・延暦寺の聖教・墨蹟の優品が並ぶ前期(?10/31)と、聖衆来迎寺の六道絵(国宝)全幅や智証大師坐像(国宝、御骨大師)がならぶ後期(11/2?)の、二回行きたいところ。聖衆来迎寺の善導大師立像は、小像・未指定ながら、鎌倉時代の優品で、興味深い作例。図録あり(160ページ、1800円)。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-


スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/386-d2106e6d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索