FC2ブログ

Entries

玉稿拝受しました(2010年10月20日)

次の玉稿、著書、図録を頂戴しました。

「廬山寺に伝来した二口の金剛杵は、先述の通り、制作年代こそ慈恵大師在世時まで遡るものではないものの、三鈷杵は平安時代、独鈷杵は鎌倉時代に遡る貴重な作例であることが確認できた。」(小林2010、102ページ)
小林泰司「廬山天台講寺伝来の金剛杵」(『日本文化史研究』41、2010・3)
写真:寿福滋・文:高梨純次『近江の祈りと美』(サンライズ出版、2010年10月)
島根県立古代出雲歴史博物館編『神々のすがた―古代から水木しげるまで―』(島根県立古代出雲歴史博物館、2010・10)

ありがとうございました。

観仏三昧 仏像と文化財の情報ページ
-全国の展覧会や仏像の公開情報が満載!-

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/387-4c88cb51

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索