FC2ブログ

Entries

講演会「紀伊徳川家と能―根来寺能面の歴史的位置―」

 本日、岩出市民俗資料館で「紀伊徳川家と能―根来寺能面の歴史的位置―」と題して講演会の講師を務めてきました。執筆したものの諸般の事情でお蔵入りとなってしまった同題の文章を、ちょっと長いですが貼り付けます。ご興味のある方はどうぞ。

紀伊徳川家と能 ―根来寺能面の歴史的位置―
1、能とは
 能のルーツを探ると、奈良時代に中国(唐)よりもたらされた「散楽(さるがく)」に遡ります。散楽はアクロバティックな曲芸や物真似、手品など様々な芸を含むものでしたが、その後諸芸は分離し、物真似芸が特に散楽と呼ばれるようになり、また猿楽(さるがく)とも表されるようになります。
 猿楽はもともと舞楽の後に行われ、その舞楽を真似て滑稽さを表出することに特徴がありましたが、次第に舞楽とも離れ、村々で行われる神事での演舞にルーツをもつ田楽や、寺院の法要で催された芸能などとの交わりの中で、かつて娯楽的性質が主体であった猿楽にも神事的・儀式的な要素が加わっていきます。さらには舞に物語の要素をもたせて演じるようにもなり、こういった物語性のある舞のことを「能」と呼びました。
 この猿楽の能を、現在見られる能の形に発展させたのは観阿弥(1333?84)・世阿弥(1363?1443)の父子です。観阿弥は当時流行した曲舞(くせまい)を猿楽能に取り入れ、鼓による軽快な拍子や語りの芸を組み入れました。この観阿弥の猿楽は将軍足利義満らに受け入れられ、世阿弥も義満に寵愛されます。世阿弥は観阿弥の猿楽能をさらに発展させ、趣深く優雅で上品な「夢幻能」とよばれる作劇を行い、また能の理論的基盤を確立するなど、芸能としての能を大成しました。このように能が幽玄化し、雅さを増す中で、本来の猿楽が持っていた滑稽性は狂言として引き継がれました。猿楽は能・狂言と区分されながら、一組の芸能として継承されました。
 室町時代までの貴族社会では、儀式に用いられる正式な楽曲・舞踊(式楽)は舞楽でしたが、戦国時代に豊臣秀吉や徳川家康らが能を愛好したことで、江戸時代の武家社会においては能が式楽としての位置に置かれ、諸大名によって手厚く保護されました。こうした保護は、能の芸態を固定化することにつながった一面もありますが、能を構成する舞や謡、囃子、装束、能面など全ての要素は洗練され、複雑で優れた様式美を作り上げ、今日に継承されています。

2、紀伊徳川家初代藩主頼宣と能
 江戸時代に式楽と位置づけられた能は、正月や様々な儀式、饗応などにに欠かせないものとなり、これを深くたしなむことが大名家の素養となりました。
 紀伊徳川家の初代藩主・徳川頼宣(1602?71)も幼少のころから父家康の御前でたびたび能を舞っており、家康の御分物(おわけもの・相続した遺品)のうち能装束の一部は紀州東照宮に、能面の一部も個人所蔵となって今日まで伝来しています。
 頼宣が駿府から紀州に入国する際にはお抱え能役者10数名を従え、入国後には在地の猿楽役者貴志喜太夫を能太夫とするなど多くの役者を召し抱えました。また当代一流の能役者を招いて滞留させたり、長く上演の絶えていた秘曲・石橋(しゃっきょう)を復曲するなど、能を大変重視していました。江戸の紀伊藩邸や和歌山城内における公式な饗応の能、別邸での私的な演能も盛んに行われ、江戸時代前期における紀伊藩の能は活況を呈していました。
 最近、この頼宣の能を考える上で、貴重な新資料となる仮面が見つかりました。家康を祭神とする紀州東照宮で、家康の忌日に行われる春の例祭・和歌祭では、神輿の前を多種多様な行列が練り歩きますが、このなかに「面掛(めんかけ)」(あるいは「百面」などとも)とよばれる集団があります。面掛が使用する仮面は、中世?近代に作られた約100面からなるもので、神事面・能面・狂言面・神楽面・鼻高面などさまざまな仮面が混在しています。
 そのうち近代以前に造られた能面が三四面確認されますが、そこには桃山?江戸時代前期頃の制作と想定されるものが多数あり、かつ7面には天下一友閑の焼印がおされています。天下一友閑は面打(仮面の制作者)の有力な家系、大野出目家二代の出目満庸(??1652)の別称で、江戸時代前期における面打の名人であり、当時としても入手の難しい優れた水準の能面です。
 家康忌日に行われる和歌祭の内容には、藩主頼宣の意向が大きく反映していました。例えば頼宣の付家老三浦家の記録『御用番留帳』寛文5年9月11日条には、頼宣が翌年より和歌祭の規模を縮小し、練物は雑賀踊・具足着(武者行列)・面掛のみにすると言ったと記録されています。実際には大幅な縮小はなかったようですが、この記事から、頼宣が面掛を重要視していたことをうかがえます。
 元和8年(1622)に行われた第一回目の和歌祭では面掛は38人の集団でした。先の天下一友閑の能面など優れた能面は、父家康を慰撫するための練り物のため、頼宣の意向に沿って調達、あるいは寄進されたものであった可能性が高いと考えられます。大名家に収集された能面を大名面といいますが、面掛の能面もそれに準ずる位置にあるといえ、頼宣の能を考える上で貴重な情報を提供しています。

3、紀伊徳川家八代藩主重倫と能
 頼宣以後の歴代藩主の時代にも盛んに能が演じられた様子は、付家老三浦家の日記・記録に多数見られる演能に関する記事や、和歌山県立文書館に所蔵される紀州藩士の系譜・先祖書中に含まれる能役者の史料などからうかがうことができます。
 そうした歴代藩主のなかでも、八代藩主徳川重倫(しげのり)(1746?1829、観自在公、太真公)は、特に能を愛好した人物といえます。重倫は七代藩主宗将(むねのぶ)の次男として生まれ、明和2年(1765)、20歳の時に藩主となりますが、失政のあった奉行を自ら手打ちにしたことで幕府より見咎められ、安永4年(1775)、30歳にして隠居しています。その後の隠居生活においては千人を越える家臣を抱えて(通常は300人程度)、豪奢な生活を続けました。
 そうした重倫の能への関わり方は、一方ならぬものがあったようです。笛役者永田四郎三郎家の先祖書・親類書には、重倫が隠居した安永4年9月に「大殿様、御稽古被為遊候ニ付、昼夜共被為召」と昼夜を問わず稽古をする様子を伝えています。また天明6年(1786)11月6日夜のこととして、「大殿様、望月、石橋、御稽古被遊候ニ付、被為召、御相手被仰付、凡五十遍程も被遊相勤申候、其後、望月、石橋、拾二度被仰付、其外重キ習事等不知数被仰付」と、能の演目である「望月」「石橋」を50回程舞った後、更にくり返して12度舞い、他の曲も数知れず舞ったというのめり込みぶりを伝えています。
 この重倫が使用した面について、重倫在世中の文化9年(1812)に刊行された『紀伊国名所図会』の根来寺条に、「一 散楽仮面 二百余面/右ハ前中納言太真公御寄付」とあります。このことについては、明治時代に編纂された『南紀徳川史』巻13の「観自在公附録」には、「一御壮健之比謡曲被遊候事」として、「公之被遊候御面其外衣装之類別段結構ナル由、公御老年に至り根来伝法院へ不残御奉納相成候事」と記され、老年にいたって装束とともに残らず根来寺に納められたとも記されています。

4、根来寺能面の特徴
 『紀伊国名所図会』に記された重倫寄進の能面200面あまりは、歴史的経過の中で数の減少があったようですが、現在159面が面箪笥や面袋とともに根来寺に伝来し、平成16年には和歌山県指定文化財となっています。そうした能面の詳細についてはすでに田邊三郎助監修『根来寺の能面』(2002年5月、淡交社)が刊行され、詳細な図版や情報とともに、次のような特徴が明らかにされています。
 1、翁舞系統の面を欠いていること。
 2、能面のほとんどの種類を網羅しており、同一種類を多数集めているものもあること。
 3、獅子口、痩女、霊女や鬼神面などの面が特殊な集中をしていること。
 4、次にあげる面打の名前が判明すること。 
   井関親政
   大野出目家初代是閑吉満、二代友閑満庸、五代洞水満矩
   越前出目家四代古元休満永
   近江井関家四代河内大掾家重
   児玉家初代近江満昌
   弟子出目家三代元利右満
 5、大名面の一括伝存例として評価できること。
 まず、4の近世初頭を中心に活躍した世襲系面打師の作品が多く残されていることは、根来寺能面の高い水準を示すものであり、特筆されます。桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍し、豊臣秀吉から天下一の称号を受けた出目吉満(天下一是閑)やその子出目満庸(天下一友閑)、江戸時代前期の名人として名高い河内大掾家重(天下一河内)とその作風に傾倒し学んだ児玉近江の作品など、当時としても大変高名で入手の難しかったと思われる作品群で、作者の判明する仮面の合計は44面です。
 そうした優れた仮面が含まれるのは、5で評価されているように、根来寺の能面が紀伊徳川家の権威を背景に収集された大名面であるからですが、さらにいえば、大名家として公的に保持されたものというよりは、重倫個人が構築したコレクションであるということも大きな特徴です。例えば能面中に初代の頼宣が複曲した石橋の専用面である獅子口が4面あるのは、紀伊徳川家の能の気風や伝統からの影響を受けていることを示しているわけですが、このように根来寺の能面の分析から重倫の能の傾向を読み取ることも可能かもしれません。
 2で示されている豊富な種類(現状で74種類を数えます)についても、『南紀徳川史』には「公何ヲ被遊候テモ不一方勝レ被遊候御事ニテ、乱舞は百五拾番何ニテモ被遊候」とあり、重倫は150種類の演目を舞うことができたと伝えられますので、そうした特徴とも一致するといえそうです。3に挙げられた痩女や霊女、鬼神面の特殊な集中も、重倫の能を復元的に考える手がかりとなりそうです。
では、1の翁舞系統の面を欠くことはどう評価できるでしょうか。根来寺能面の奉納時期を検討することで、考えてみたいと思います。

5、根来寺能面の奉納時期
 根来寺の能面は、いつ奉納されたのでしょうか。『紀伊国名所図会』が刊行された文化9年(1812)以前であることは確実ですが、明治時代に編纂された『南紀徳川史』では重倫が老年になって寄進したとされていました。しかし、実際にはもっと若い頃の寄進であったことが、近年見いだされた『常什物并祠堂帳』(長谷寺蔵)の記述からうかがえます。この史料は根来寺伽藍の復興に筋道をつけた法住(1723?1800)の跡を継ぎ、光明真言殿の建立や重倫生母清信院が居住した吹上御殿を方丈として移築した学頭法恕(1744??1811)の死去に際して、次の学頭興雅(??1814)へと引き継がれた根来寺の什物を記録した史料です。
 そこに、学頭常明の代に寄附された什物として「一能御面 数有別ニ目録 三長持/右者従/黄門重(シケ)倫(ノリ)卿拝領之]と記されています。常明(1702?84)は和泉国の出身で、高野山や南都、園城寺などで修行し、宝暦12年(1762)、61歳の時、紀伊藩に請われて根来寺に入寺しています。この記録によって、根来寺の能面が常明のころに寄進されたことがわかりますが、具体的な寄進時期は、常明が根来寺に入寺してから示寂するまでの間と判断されますから、宝暦12年(1762)から天明4年(1784)の間に限定して考えることができます。仮に最も遅い天明4年とすれば重倫は39歳で、いまだ若い重倫が収集した能面を寄進したということになります。なお、根来寺能面中には常明の銘(「常明(花押)」、「常(花押)」)を記した能面が7面含まれていますが、これも『常什物并祠堂帳』の内容と整合しています。
ここで判明した寄進時期より後も重倫は、例えば先に天明6年(1786)には50番以上の稽古を行っていたことをみたように、能への情熱をさらに大きなものとしています。想像ですが、重倫は能面を寄進した後も、自らが演能するのに必要な能面は手元に持ち続け、収集も続けていたのではないでしょうか。翁舞系統の面が全く含まれていない理由も、根来寺への寄進面が重倫のコレクションの全てではなかったと捉えれば、違和感はないように思われます。一つの考え方として提示しておきたいと思います。
 なお、『紀伊国名所図会』や『常什物并祠堂帳』には装束の寄進については触れられていません。現在根来寺に装束類は伝来していませんが、あるいは『南紀徳川史』が伝えるような装束も含めた寄進が、晩年に再度行われた可能性も視野に入れておきたいと思います。
 重倫が生涯に収集した面・装束・道具等の全体像は現状では量り知れませんが、紀伊徳川家を背景としたそのコレクションの全貌は、これまでの評価以上に大きなものであったと捉える必要がありそうです。

6、根来寺能面の歴史的位置
 最後に、根来寺能面の歴史的な位置を考える上で、徳川重倫と根来寺の関わりについて確認したいと思います。重倫は、なぜ根来寺に能面を寄進したのでしょうか。
 重倫が生きた時代、根来寺では歴代の学頭の尽力により、伽藍復興が進められていきました。この復興造営にあたって大きな力添えを行ったのが、重倫の実母清信院(1718?1800)です。清信院は所有していた寺社の護符類や娘光安院の遺品等1300余点を納めた厨子二基を厚く帰依した法住に託して大塔内に安置(のち大伝法堂大日如来坐像の像内に納置)したほか、自らの住居吹上御殿を寺内に移築(逝去後)し、また常光明真言殿建立費用として白銀百枚の寄進を行うなど、物心両面から復興を支援しました。
 そうした母の信仰心に導かれ、重倫自身も根来寺に多額の寄進をしており、大伝法堂金剛薩埵像納入の木札の一つには「前国君中納言重倫卿/金七百両 法恕権僧正代御助力/金百五拾両 興雅代御助力/金六百五拾両 栄性権僧正大御助力」とあり、法恕・興雅・栄性の各学頭の代にそれぞれ支援を行っています。また文政7年(1824)の大伝法堂棟札に「大旦那 前国君重倫卿/同 国母清信院殿霊慧妙覚大禅尼」と記されるように、重倫は根来寺復興の大旦那として位置づけられていたのです。
 若き重倫が、自らのすべてを傾注するように熱中していた能で使用していた面を寄進したのは法住の師であり前の学頭であった常明の代ですから、その本格的な復興造営が始まる直前といってよい時期です。復興への熱い思いが僧俗の間で高まっている中での大事な能面の寄進は、当時の重倫にとっての最大級の信仰心の現れであったと、捉えられるかもしれません。
 重倫がなぜ能面を寄進したのか、その心持ちを具体的に、細やかに復元するにはいまだ至りません。それでもなお、能面をめぐって繰り広げられたさまざまな歴史の文脈を丹念に捉えていくなかで、根来寺能面の歴史的位置は、より明確になっていくでしょう。159面の能面から重倫の心を浮かび上がらせる作業は、これからの課題です。

主な参考文献
 国立能楽堂調査養成課編集『根来寺所蔵紀州徳川家寄進の能面』(日本芸術文化振興会、1996年10月)
 田邊三郎助監修『根来寺の能面』(2002年5月、淡交社)
 宮本圭造「紀州藩お抱え能役者の動向─和歌山県立文書館所蔵御役者の由緒書を紹介して─」(『フィロカリア』14、1997年2月)
 和高伸二監修・根来山誌編纂委員会編『根来山誌』(岩出町、1986年10月)
 大河内智之「根来寺の能面と徳川重倫」(『木の国』29、2003年3月)
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/396-99002ab9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索