FC2ブログ

Entries

玉稿拝受(2011年1月23日)


「十世紀末から十一世紀初頭にかけて大きく発展し、前代とは一線を画した華麗な截金文様は、当時の人々にとって異国的なイメージを喚起したと考えられる。さらに、そこに七宝繋文があらわされていれば、まさに最新の大陸文化をそこに見いだしたことであろう。」(和澄2010、53ページ)
和澄浩介「平安時代の截金文様と外来文化受容の様相」(『佛教藝術』313、2010年11月)
ありがとうございました。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/412-101da7e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索