FC2ブログ

Entries

玉稿拝受(2011年2月2日)


「平安時代、九世紀末から十世紀代の彫刻史は、造形の緊密性が解き放たれ、それが徐々に弛緩する傾向が底流にあり、その徴候をどのように見るかが大きな課題である。そのような傾向を大局的な展開の中に当て嵌めるのではなく、それ自身個別の問題として捉えるのが本稿の趣旨である。」(鈴木2010、30ページ)
鈴木喜博「兵庫県所蔵の天部形立像とその像底墨画について」(『鹿園雑集』11、2010年3月)
ありがとうございました。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/417-1bc201fe

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索