FC2ブログ

Entries

シンポジウム「木津川ものがたり―縁起絵巻の世界―」のお知らせ

京都府立山城郷土資料館のシンポジウムについて、情報をご提供頂きましたのでご紹介します。

第26回国民文化祭・京都2011 恭仁京遷都祭
シンポジウム「木津川ものがたり―縁起絵巻の世界―」

京都府立山城郷土資料館では、古代から物流の幹線として大きな役割を果たし、南山城地域の暮らしと文化を育んできた木津川にスポットをあてた特別展「木津川ものがたり~木津川が生み、育てた文化~」を開催中です(~12/11)。
http://www.kyoto-be.ne.jp/yamasiro-m/office.html#autumn
木津川ゆかりの絵巻物が勢揃いしたこの特別展にあわせ、シンポジウムを行います。
http://www.kyoto-be.ne.jp/yamasiro-m/H23autumn_sympo.pdf

【日時】平成23年11月26日(土) 午後1時~4時
【会場】加茂文化センター(あじさいホール)
     〒619-1152 木津川市加茂町里南古田156番地
     TEL 0774-76-4611
【交通】JR加茂駅から徒歩5分
【入場】無料
【ロビー展示】「木津川が育んだ自然」木津川管内河川レンジャー/NPO法人やましろ里山の会
 ※ロビー展示は11/25の午後からご覧いただけます。

【シンポジウムの内容】
〈活動報告〉「木津川が育んだ自然」
       木津川管内河川レンジャー 福井波恵 / NPO法人やましろ里山の会 山村武正
〈基調講演〉「南山城と奈良の縁起絵巻の世界」
       奈良女子大学教授 千本英史
〈講  演〉「海住山寺本堂旧壁画と解脱上人貞慶の観音信仰」
       奈良国立博物館保存修理指導室長 谷口耕生
〈講  演〉「笠置寺の変遷と縁起類の諸相」
       大阪大学大学院招聘研究員 中山一麿
〈パネルディスカッション〉
      パネリスト:講演及び活動報告の各講師
      進行:京都府立山城郷土資料館 伊藤太
      コメント:木津川市教育委員会文化財保護室 芝野康之
※閉会後、特別展開催中の京都府立山城郷土資料館まで無料バスを運行します。

問い合わせ;京都府立山城郷土資料館 TEL 0774-86-5199
http://www.kyoto-be.ne.jp/yamasiro-m/
主催/文化庁、京都府、京都府教育委員会、木津川市、木津川市教育委員会、第26回国民文化祭京都府実行委員会、第26回国民文化祭木津川市実行委員会、京都府立山城郷土資料館
後援/京都府立山城郷土資料館友の会
協力/奈良女子大学、木津川市観光協会
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/504-44b24361

トラックバック

コメント

[C182] 耳寄り情報ありがとうございます。

シンポジウムと京都府立山城郷土資料館をセットで訪れたいと思います。観仏三昧さんに教えてもらわなければ山城郷土資料館も知ることはなかったです。ありがとうございました。MIHOミュージアムも滋賀県立近代美術館も大津歴博も3館とも良かったです。仏像のみに特化した近代美も良かったですが、歴博の神様の集会は最高でした。

[C187] 木津川ものがたり 参加してきました

観仏三昧さんに感謝。
シンポジウムも内容がとても充実していました。木津川の自然に深い愛情を注ぐレンジャーと里山の会の報告と3つの講演も深い内容でしたが素人の私にも分かるように解説していただきました。その後、無料シャトルバスで資料館に連れて行ってもらいました。遅い時間にも関わらず資料館の方とボランティアの方の両方の方に説明してもらい駅まで送っていただき有意義な時間を過ごすことが出来ました。情報ありがとうございました。

[C188] Re: 木津川ものがたり 参加してきました

お役にたちまして、なによりです。
  • 2011-11-29 06:46
  • 大河内智之
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索