FC2ブログ

Entries

玉稿拝受(「祈りのコスモロジー」)


「つまり、「聖なる山」は西欧のキリスト教をモデルとする宗教の概念で把握されており、日本語訳の「信仰の山」とはズレがあった。さらに言えば、「信仰」もまた個人を主体とする近代の文化と自然をわけ、自然を対象化する思考がある。西欧では、山を人間界から隔絶した場所として捉え、悪魔や魔物の住む所であり、近代アルピニズムの成立以前は、登山の慣行はなかった。ところが、日本には、山への登拝や交流の長い歴史があり、自然を一元的にとらえることなく、流動的で豊かで多様な文化をはぐくんできた。山をめぐる祈りのコスモロジーは、異文化理解の観点から「文化的景観」の普遍性を問い直す異議申し立ての事例と言えるかもしれない。」(57頁)

鈴木正祟「祈りのコスモロジー」(『遺跡学研究』8、2011・11)
ありがとうございました。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/523-09c35b93

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索