FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(奈良大学博物館、東大寺ミュージアム)

奈良大学博物館
・企画展 文化財はいかに守られてきたか-保存修復 そして戦争・災害・開発・環境-
(1月16日~5月19日)
 文化財がいかに守られてきたかを、1、文化財の継承、2、文化財の被災、3、文化財を救い・まもり・伝えること、という3章に分けて、展示室外のケースやロビーも活用して紹介。展示の力点は2章にあり、災害、戦争、開発・環境、火災・その他に分けて資料を展示。「災害」では岩手県野田村図書館で津波の被害にあった図書(保存処置前、大学に寄贈されているとのこと)、岩手県陸前高田市立博物館の津波被害を受けた植物標本(保存処置済み)、宮城県南三陸町西光寺で津波被害を受けた近世の簿冊(保存処置済み)といった奈良大学が関わって行われた文化財の保全活動を示す。ほか、戦時中の文化財の疎開に冠する文書やパネルなども。奈良大学がはぎ取り保存の処置を行った喫茶店バンディアミールの河島英五の壁画や、川から引き上げ保存処置されたカーネル・サンダース像も展示するなど、「硬い展示」に「柔らかい展示」も同居させている。両者の展示手法を変えてもよかったのでは。図録なし。

東大寺ミュージアム
・特別展 奈良時代の東大寺
(10月10日~2013年1月14日)
 行きそびれていた東大寺ミュージアムをようやく訪問。東大寺総合文化センター内に東大寺図書館やホールと同居するというかたち。大きなケース内に安置の不空羂索観音像と日光・月光菩薩立像をじっくり鑑賞。このケースでの展示が、今後どのように変化していくのか楽しみ。特集展示「二月堂修二会」(2月7日~4月1日)では、巨大な二月堂再建地割図や東大寺寺中寺外惣絵図、二月堂修中練行衆日記などを展示。こうした一見地味でも、東大寺史を紐解く資料の展示は極めて重要で、東大寺にはまた、そうした展示を体系的に行いうる資料と、学僧を含めた研究の蓄積と伝統がある。東大寺の知の殿堂としての東大寺総合文化センターの方向性を少し感じ取れたように思う。特別展の図録あり(210頁、1500円)。子を連れて、大仏殿参拝。菩提樹の実の数珠を義父や義祖父母に購入。子に鹿せんべいを渡して鹿と戯れさせる。遊園地連れて行くよりスリルがあって安上がり。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/524-733a833f

トラックバック

コメント

[C193] 平塚市博物館関係

掲示板がなくなっているのに書き込みするのも良くないかもしれませんが。


平塚の遺跡を歩く
「岡崎城と真田城」 3月24日(土) 午前10時~午後3時
 内容:平塚の名城岡崎城と真田城を散策します。
 場所:岡崎~真田地区
 定員:25名
 申込:往復はがきに住所、氏名、電話番号を記入し、3月15日(木)までに申込。
「墨染館と田村館」 4月22日(日) 午前10時~午後3時
 内容:相模川沿いの城館、墨染館と田村館を訪ねます。
 場所:大神~田村地区
 定員:25名
 申込:往復はがきに住所、氏名、電話番号を記入し、4月13日(金)までに申込。

講演会
 会場:博物館講堂 時間:各日とも午後2時~3時30分 定員:80名 参加自由(会場が満席になり次第締切)
「真田城の発掘調査」 3月25日(日)
「中世の資料と真田城の土器」 4月15日(日)

連続講座『平塚合戦絵巻』
 城と合戦を通して平塚の中世の歴史を解説します。
 会場:博物館講堂 時間:各回とも 午後2時~3時30分 定員:80名 参加自由(会場が満席になり次第締切)
1 「打倒平家 相模武士の決断」 4月 7日(土)
2 「関東公方の野望 足利持氏と成氏」 4月14日(土)
3 「動乱の世紀 扇谷上杉氏と三浦氏」 4月21日(土)
4 「平塚の戦国 伊勢宗瑞と小田原北条氏の戦略」 4月28日(土)
  • 2012-02-22 09:13
  • みなみ
  • URL
  • 編集

[C194] Re: 平塚市博物館関係

みなみ様

> 掲示板がなくなっているのに書き込みするのも良くないかもしれませんが。
いえいえ、情報をお寄せくださってありがとうございます。
掲示板は公開質問コーナーのようになってしまったので、挫折してしまいました。
頂いた情報、観仏三昧に反映しますね。
ブログコメント欄でも、メールでも、ツイッターでも、お気軽に情報をいただければ幸いです。


  • 2012-02-22 21:53
  • 大河内智之
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索