FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(法隆寺大宝蔵殿「宝物から見た法隆寺-鎌倉時代-」)

法隆寺大宝蔵殿
・法隆寺秘宝展 宝物から見た法隆寺-鎌倉時代-

(3月20日~6月30日)
 南都寺院としての法隆寺の鎌倉時代のようすを、残された多様な資料から提示。戦乱や災害の被害が少なく飛鳥時代の資料でさえ多数残る法隆寺は、中世資料の宝庫でもある。閼伽井坊地蔵堂本尊の地蔵菩薩坐像(重文)は左足を垂下させた姿で、鎌倉時代前期の優美な像。善派か。ほか厨子入善女龍王像(重文)や役行者二鬼像など。独特な構図の春日曼荼羅の大幅や五天竺図、室町時代の貞慶像、押絵貼屏風のかたちで古経典とともに八曲一双に仕立てられた十六羅漢像や、うずくまった牛を表した銅製の牛玉像、七大寺巡礼私記(重文)など、見る機会の少ない資料が目白押し。芸能関連では、延慶4年(1311)銘がある裲襠など鎌倉時代の舞楽所用具(なぜか鉦架以外は未指定)、追儺面の父鬼・母鬼・子鬼(重文)。図録なし。
 西院伽藍、大宝蔵院、夢殿の救世観音の開帳も巡る。堪能。斑鳩文化財センターにもよって、藤ノ木古墳の出土品を見る。現品でなくレプリカだが、出来映えが良くにわかには見分けがつかない。すごい。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/537-b9676eaa

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索