FC2ブログ

Entries

拙稿紹介「参詣者を惹きつけた熊野三山の魅力」


「二〇一一年九月に発生した台風12号により起きた洪水は、熊野川、那智川の流域で多くの集落を呑み込む空前の被害となり、熊野の景観にも大きな影響を及ぼした。
 熊野の文化的景観は、雄大な自然を畏れ、祀り、共生する中で、人と自然がともに織りなし築きあげられてきたものである。時に自然の荒々しさ、厳しさに翻弄されながら、そうした試練を受け止めてきた熊野の歴史を振り返り、確かな復興への道を歩んでいかねばならない。」(「参詣者を惹きつけた熊野三山の魅力」、18ページ)

大河内智之「神仏を融け合わす熊野の自然と風土」・「参詣者を惹きつけた熊野三山の魅力」・「熊野信仰を日本中に広めたツール」(『週刊日本の世界遺産&暫定リスト 紀伊山地の霊場1』(朝日新聞出版、2012・5・27))
 分冊百科系の『週刊日本の世界遺産&暫定リスト 紀伊山地の霊場1』に熊野に関する拙文を執筆しました。こうした系統の本ではあまりなじまないかも、と思いながらも、昨年9月の台風による甚大な水害についてふれました。執筆時(昨年12月)には、こんな風に歴史の一コマとして相対化するにはあまりに生々しい段階であり躊躇がありましたが、100年先まで語り継がれる歴史的事象であるはずで、確かに書いておくべきことであったように思います。
 しかし、彫刻史研究者のはずが、熊野信仰史の研究者のような顔をして文章書いてるなあ。すいません。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/551-9317853c

トラックバック

[T22] まとめtyaiました【拙稿紹介「参詣者を惹きつけた熊野三山の魅力」】

「二〇一一年九月に発生した台風12号により起きた洪水は、熊野川、那智川の流域で多くの集落を呑み込む空前の被害となり、熊野の景観にも大きな影響を及ぼした。 熊野の文化的景観は、雄大な自然を畏れ、祀り、共生する中で、人と自然がともに織りなし築きあげられてきた...

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索