FC2ブログ

Entries

玉稿頂戴しました(20080524)


「いずれにしても、九州中部地域の中核的な神祇信仰である、阿蘇高千穂の神像造像の解明は、他地方における神像の制作のあり方についても、多大な示唆を与えるものに違いない。」(有木芳隆「阿蘇・高千穂地域の神像彫刻概観」、14頁)
熊本県立美術館編『阿蘇高千穂地域歴史資料調査報告書』(熊本県立美術館、2008年3月)
 貴重な成果を共有させて頂き、まことにありがとうございます。古代、中世のみならず、中近世移行期、近世の神像までをも一望することができ、とても参考になります。従来の中央?地方(周縁)の枠組みだけでなく、地域をクローズアップし地域の中で資料を明確に位置づける地道な研究手法の中に「普遍」は見いだせるのではないかと考えていますが、私も御成果に導かれながら、調査・研究・展示公開・普及に努めて参りたいと思います。

観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/56-cc857043

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索