FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(東大寺・長岳寺・石上神宮)

東大寺ミュージアム
・特別展 奈良時代の東大寺
(2011年10月10日~2013年1月14日)
 和歌山県文化財研究会の見学会にボランティアで参加して解説。「天才仏師運慶を生んだ奈良」をテーマにしてルートも選定。まず南大門仁王像前で、惣大仏師運慶の作であることを解説。東大寺ミュージアムでは、不空羂索観音立像と宝冠について、館内外で解説し、奈良時代彫刻とそれに大きな影響を与えた唐様式について解説。大仏殿にもまわり、重源による復興造営、公慶による復興造営について話し、大仏拝観。

長岳寺
 長岳寺を訪問し、本堂でご住職の軽妙な法話を拝聴し、続いて阿弥陀三尊像について解説。造像を発願した願主憲幸について、同時代様式(定朝様式)との差異、それを導いた奈良時代彫刻からの学び、奈良仏師の活動圏の地理的・文化的特徴、それから推測を多分に含ませながらの造像背景の解説を行う。仏師と願主は新しいものを造ろうとしたのではなく、典拠を異とする「あらたかなもの」を造ろうとした、という仮説を開陳。

石上神宮
 国宝の拝殿内にて正式参拝の後、禰宜さんから神宮や物部氏、魂振りの神事等についての解説を拝聴。その後摂社の国宝拝殿を見学。もと、永久寺鎮守社拝殿であることと、永久寺の歴史、修験の三十六大先達の一つで、和歌山とも実は縁があることなど解説。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/569-592f6cbf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索