FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(東寺宝物館「東寺と弘法大師信仰」)

東寺宝物館
・東寺と弘法大師信仰-西院御影堂の歴史と美術-
(3月20日~5月25日)

 東寺における弘法大師信仰の核である西院御影堂にまつわる資料群を紹介。
 大師使用と伝承される刻文脇息(重文・平安時代)、大師将来舎利を納める舎利塔の写である金銅舎利塔(室町時代)、大師将来品として奉納された唐時代のものとして伝わる菩提子念珠や恵果印信、大師真筆と見なされた経典(郁迦長者経・奈良時代)、江戸時代に復元された健陀穀子袈裟など、大師ゆかりの聖遺物が集積、奉納された歴史を垣間見る。展示では直接的には述べないが、まさしくこうした聖遺物の「捜索」「創作」「発掘」「転写」「奉納」の数々こそが、弘法大師信仰の一面を如実に示している。
 昨年重文指定された東寺御影堂牛玉宝印版木も展示。南北朝時代に遡る古い版木であるが、意外に版面は健全で、丁寧に使用されたことをうかがえる。リーフレット(A3二つ折り)あり。
 講堂と観智院も拝観して、初期密教彫像を堪能。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/608-bd32131e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索