FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(奈良博「當麻寺」)

4月14日
奈良国立博物館
 特別展 當麻曼荼羅完成1250年記念 當麻寺-極楽浄土へのあこがれ-
(4月6日~6月2日)
 綴織當麻曼荼羅(国宝)に始まる、古代~近世の當麻曼荼羅の受容と展開を軸とする浄土信仰史を経糸に、弥勒仏を本尊とする古代寺院當麻寺、葛城山系に位置する修験の拠点寺院當麻寺を緯糸に紡いで、當麻寺の実像を織り表そうとする意欲的な展示。史資料は多いとはいえ断片的であるが、長年の調査研究と、事前調査や近年の修理事業の成果に裏打ちされてつなぎ合わされ、その全貌を垣間見る貴重な機会。
 用事の合間で余り時間がなかったので、まずは展示期間の限られた綴織當麻曼荼羅をじっくりと鑑賞。肉眼で見えることには限りがあるが、原本に相対峙し、歴史を共有する喜びに触れる。本図と文亀本(および貞享本)の精細なデジタル画像を会場内端末で比較確認でき、その細部まで確認できるのは、大変ありがたい。平安時代の仏像、當麻寺縁起絵巻、宿院仏師の作例に心ときめくも、後ろ髪引かれながら退館。修理相成った文亀本當麻曼荼羅の展示期間に再訪を期す。図録あり(352ページ、2300円)。各論が相変わらず充実。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/610-7f8e1e94

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索