Entries

展覧会・文化財を見てきました(仁和寺・広隆寺・龍谷ミュージアム)

11月22日、和歌山県文化財研究会の文化財巡りのバスツアーに講師として随行。

まず仁和寺へ。法話を聞いて、重文の茶室を拝観して、国宝金堂の説明。続いて霊宝館秋季名宝展(10月1日~11月24日)を鑑賞し、阿弥陀如来両脇侍像(国宝)をじっくり解説。仁和4年(888)、仁和寺落慶供養時の本尊であり、平安時代前期彫刻の中に見える和様の先駆けを読み取る。

続いて広隆寺。11月22日は年に一度、秘仏2躯が開帳される日。広隆寺開創の歴史と弥勒菩薩像との関係を事前にご紹介して、霊宝殿へ。かつての金堂本尊であった薬師如来立像は、像高97.6㎝、髻を結い、冠を付け、蓋襠衣をまとう姿で、通常の薬師如来とは全く異なる菩薩形と天部形の混ざった不思議な姿。神仏習合の作例として、天部が条帛をまとう菩薩の服装をとっているところが、キーポイント。上宮王院の本尊聖徳太子立像は、等身大の大きさで、天皇即位の際に御袍と同じ衣裳が下賜され、身にまとう特殊な裸形の霊像。元永3年(1120)、仏師頼範の作。生身の太子に、すぐそばでまみえることができ、感慨無量。

最後に龍谷ミュージアムへ。仏教の思想と文化Ⅱ(11月9日~2月2日)開催中。レクチャールームで石川副館長の解説を聞いてから、展示鑑賞。実物資料で、アジアと日本の仏教の展開を提示することは、やはりすごい作業。資料探しが大変だろうと思う。真如堂の本尊を細部まで写した阿弥陀如来像(龍大所蔵・鎌倉時代)が、新資料として提示。霊像の写しという行為は、本当に興味深い。ほか、二尊院の阿弥陀三尊来迎図の瑞雲表現をチェック。特集展示「中村元博士生誕100年記念事業 写真展 ブッダのことば」、特集展示「越中・勝興寺の名宝」(~12月23日)も鑑賞。なんとかどたばたとお役目を果たす。つかれた…。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/638-fea4b95b

トラックバック

コメント

[C251] お疲れ様でした

紅葉のシーズンの京都遠征、大変だったと存じます。
今年は泰山で終わりと油断していたら、笠田荘があるとは…
日程検討中ですが、年に何回紀州に行かされるのやら…
あまり魅力的な展示をしないでください(笑)
それはともかく、広隆寺草創期の本尊は如何にお考えですか?
薬師像の造立時期や道昌との関係は如何にお考えですか?
私は一介の中学教員で、研究者ではありません。
見通しをご教示くださればありがたく存じますが、
こんな場所ではお答えにくかったら無視してください。
博物館でお声にお目にかかれるのが楽しみです。
  • 2013-11-26 22:49
  • あり
  • URL
  • 編集

[C252] Re: お疲れ様でした

ありさん、こんにちは。お返事しないままですいません。
当方も、複雑な広隆寺史を整理できていませんが、草創期本尊ということであれば、縁起上は、聖徳太子より賜ったなんらかの像、あるいはその後に百済より伝来した像、ということになります。
二組の弥勒菩薩像は、そうした縁起と連なって考えたいところです。

吉祥薬師に関する由来も興味深いものです。乙訓の霊像が、今広隆寺に伝わる吉祥薬師とどう切り結ぶのか、簡単に答えはだせません。ただ、現在秘仏となる吉祥薬師像は、天部が菩薩の着衣を見せる神仏習合像であることについては、ゆらぎはありません。あまり時代を下げすぎず、9世紀中の造像と考えたいところですが、なかなか決定的な証明には至りません。道昌の時代における広隆寺造営の動き、千手観音や阿弥陀両脇侍像など、随分活発です。吉祥薬師も、そうした背景を無視して考察することはできないように思います。

ほんと、難しいです。





> 紅葉のシーズンの京都遠征、大変だったと存じます。
> 今年は泰山で終わりと油断していたら、笠田荘があるとは…
> 日程検討中ですが、年に何回紀州に行かされるのやら…
> あまり魅力的な展示をしないでください(笑)
> それはともかく、広隆寺草創期の本尊は如何にお考えですか?
> 薬師像の造立時期や道昌との関係は如何にお考えですか?
> 私は一介の中学教員で、研究者ではありません。
> 見通しをご教示くださればありがたく存じますが、
> こんな場所ではお答えにくかったら無視してください。
> 博物館でお声にお目にかかれるのが楽しみです。
  • 2013-12-05 00:54
  • 大河内智之
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索