FC2ブログ

Entries

展覧会・文化財を見てきました(法隆寺大法蔵殿「法隆寺秘宝展-室町時代から近世へ」)

法隆寺大法蔵殿
 法隆寺秘宝展-室町時代から近世へ-
(3月20日~6月30日)

 従来展示機会の少なかった、室町~江戸時代の仏像や仏画などを展示。彫刻では元禄15年(1702)湛海作の不動明王坐像(西円堂安置)、円空作の大日如来坐像、南北朝~室町時代の大日如来坐像や、塑造の聖徳太子七歳像(室町時代)、永享2年(1430)銘の舞楽面散手や行道面など。絵画では室町時代の子島荒神像、三宝荒神像、立像に表された僧形八幡神像、天文8年(1539)銘を有する八大地獄図絵巻など。永享12年(1440)銘舎利机ほか在銘工芸資料も多数。渋いテーマではあるが、法隆寺の室町時代美術の諸相に接することができる貴重な機会。得るもの多し。金堂、五重塔、講堂、大宝蔵院、夢殿も巡る。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/657-6e7486f3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索