FC2ブログ

Entries

MIHO MUSEUM「獅子と狛犬-神獣が来たはるかな道-」鑑賞記

MIHO MUSEUM
 特別展 獅子と狛犬-神獣が来たはるかな道-
(9月2日~12月14日)

 ギリシャからオリエントへ展開した獅子表象の諸相を資料でたどり、日本の獅子・狛犬のルーツを探る。獅子が力の象徴(狩るもの/狩られるもの)であって守護獣としての役割が充てられたこと、狛犬は角のある聖獣グリフィンがルーツであるとする。展示替えで一度には見られないが、手向山八幡宮狛犬、御調八幡宮狛犬、丹生都比売神社狛犬、法隆寺獅子頭、岡山・熊野神社石造狛犬など、様々な制作時期の獅子・狛犬の代表作例のほか、地元滋賀県の資料を丹念に拾い、また東北地方の作例にも目配りして、細やかに資料を集める。獅子・狛犬をダイナミックな東西交流の視点から位置付け、全国の作例を集約して比較/鑑賞する内容は、獅子・狛犬展示の到達点といえる。充実。図録あり(301ページ、2916円)。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/674-320237d5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索