FC2ブログ

Entries

奈良県立美術館「語り継ぐココロとコトバ 大古事記展」鑑賞記

奈良県立美術館
 特別展 語り継ぐココロとコトバ 大古事記展-五感で味わう、愛と創造の物語-
(10月18日~12月14日)

 奈良県が取り組んできた「記紀・万葉プロジェクト」による、古事記の世界観の魅力を文化財・美術作品で伝える内容。初公開の丹生川上神社の神像群、狭川両西敬神講の翁面をじっくり鑑賞。ありがたい。全体としては、神話の物語性を味わった先に、神話に語られたこと(及び語られなかったこと)を通じて見える古代史の実像をもっと見たかったところ。現代作家の作品も、神話イメージの再生産(あるいは消費)に留まったか。図録あり(120ページ、1600円)。
 開館直後に入館し、ばたばたと鑑賞して、東大寺へ急ぎ、密教図像学会の大会に参加。若手研究者の方々の緻密な議論に接し、自分の報告内容のおおざっぱさを恥じて鬱々と帰る。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/677-002d0328

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索