FC2ブログ

Entries

京都国立博物館「鰐淵寺の名宝」・城陽市歴史民俗資料館「土・仏・祈」鑑賞記

京都国立博物館
 特別展観 山陰の古刹・島根鰐淵寺の名宝
(1月2日~2月15日)

 1ヶ月ぶりの展覧会鑑賞。科研「出雲鰐淵寺の歴史的・総合的研究」(研究代表者:井上寛司島根大名誉教授、2009~2011)等に基づく新たな研究成果を反映した展示。壬申年(持統天皇6年<692>)銘の銅造観音菩薩立像(重文)、連眉の銅造観音菩薩立像(重文・奈良時代)、平安時代後期の銅造不動明王像は鋳造失敗品ながら優れた造形で同鋳の胸飾も珍しい。ほか堅実な作風の平安時代後期神像、鎌倉時代の密教法具、中世文書が出陳。図録ないが、A3両面刷りのリーフレットに主要作品図版と解説文あり。昨年秋の島根県立古代出雲歴史博物館「修験の聖地 出雲国 浮浪山鰐淵寺」を残念ながら見逃したので、少しは挽回。
 同行した娘は機嫌良く平常展示の各室を回る。音声ガイドを借りて付けさせたら、適当に番号を押して「狩野永徳って言ってるからそれを見たい」と言うので一緒に探すも、未出陳。なるほど、最初から主要な作品の音声データを機械にストックしておいて、展示替えに対応するのかと納得。狩野山楽・山雪の襖絵を見せて、これ描いた人のお父さんと一応伝えておく。向かいの三十三間堂では通し矢(大的全国大会)で大賑わい。

城陽市歴史民俗資料館
 特別展 土・仏・祈-古代の信仰をみつめて-
(1月10日~3月15日)

 古代寺院跡から出土した塑造とセン仏を集約して展示。京都府下の神雄寺(木津川市)、高麗寺(木津川市)、西山廃寺(足立寺・八幡市)、美濃山廃寺(八幡市)、大山崎遺跡群(大山崎町)、平川廃寺(城陽市)、正道廃寺(城陽市)のほか、川原寺(奈良県)、上淀廃寺(鳥取県)、夏見廃寺(三重県)の資料を集める。地元平川廃寺の塑造片については、長さ6㎝の足指から両足先を復元(制作・山崎隆之愛知県立芸大名誉教授)、像高3mに及ぶ菩薩像の断片であることを明らかにして会場内に原寸の線描画を設置、鑑賞者が当初像を想像することを容易にしている。国分寺の前身とみられる同廃寺の意義が実感される。図録あり(17ページ、390円)。
 展示鑑賞してから、大急ぎで大阪府立臨海スポーツセンターへ。別の用事があった息子と合流してアイススケート。久しぶりに自分もやる。体が動かずすっころんで残念な感じ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/680-59419160

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索