Entries

奈良国立博物館「香薬師像仏手」「新たに修理された文化財」「おん祭と春日信仰の美術」鑑賞記

奈良国立博物館
 特別陳列 おん祭と春日信仰の美術-特集 奈良奉行所のかかわり-
(12月10日~1月15日)

 恒例おん祭展。今回は近世のおん祭催行を支えた奈良奉行所との関わりについて注目する。そしてこれも恒例、春日曼荼羅の諸本をずらり。展示番号34番の春日宮曼荼羅(個人蔵)は小幅で褪色があり展示室では埋没するも、生き生きとした筆致(図録には近赤外線写真あり)で景観を描き、立ち姿の本地仏を配した鎌倉時代後期の作例。もと、金峯山寺僧による春日講の本尊。久度神社本春日社寺曼荼羅は、箱の墨書に文明8年(1476)久度郷講衆の銘のある春日講本尊。展示番号7番の春日赤童子像は権大僧都尭懐の所持品を正徳6年(1716)に春日社加持屋へ寄進したもの。信仰の蓄積を可視化することで作品は見え方を変える。展示とは、歴史を可視化すること。図録あり(80頁、1500円)。

 特集展示 新たに修理された文化財
(12月23日~1月15日)

 奈良博館蔵品、寄託品のうち近年修理された文化財について紹介。なんといっても、刺繍釈迦如来説法図(国宝、奈良時代、あるいは唐時代)。修理後、資料を休ませた後、勿体つけずに淡々と、ただちに公開の機会を提供して情報を共有化するスタンスは、とてもありがたい。眞輪院星曼荼羅(鎌倉時代)、瀧上寺八高僧像(南北朝時代)と、なかなか鑑賞の機会の少ない作例を間近に見られる機会としても、ありがたい限り。持ち帰られるちょっとした資料があると、なおありがたかったところ。

 名品展 珠玉の仏たち〈なら仏像館〉 新薬師寺香薬師像の仏手
 第5室金銅仏コーナーに、近時行方が判明し、新薬師寺に奉納された香薬師像の仏手がお出まし。このような形でただちに展示公開の機が設けられるとは思わず、感激。手を取り付ける木製台に経年の手ずれがあり、随分と愛でられていたのだろうか。三度の盗難、破壊、そして流転と、白鳳時代の仏像の小さな掌中に重くつらい歴史を握らせた近代という時代の「業」(信仰から美術へ)についても考える。その業は、現代の文化財盗難にもそのまま地続きである。そうした点で、「業」が生成された場そのものである奈良博に安住の地を得たことも、ふさわしい(皮肉ではない)。美術とは何かという命題を語るための負の遺産としての一面を、見る者に気づかせる存在であってほしい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/753-1e591f78

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索