FC2ブログ

Entries

MIHO MUSEUM特別展「猿楽と面」鑑賞記

3月25日
MIHO MUSEUM
 特別展 猿楽と面-大和・近江および白山の周辺から-
(3月10日~6月3日)

 大和(紀伊含む)・近江・白山周辺の社寺などに群として伝来する、作風に定形化の見られない個性溢れる魅力的な中世猿楽面を多数集め、3期(Ⅰ期3/10~4/8、Ⅱ期4/10~5/6、Ⅲ期5/8~6/3)に分けて紹介する。Ⅰ期では個人蔵の鎌倉時代の大型の翁、長尾神社の翁、談山神社の摩多羅神、天河神社の「おちのきたろう」銘の翁・三番叟、永青文庫の伝日光作翁、甲津原天満神社の翁・三番叟、政所八幡神社の翁・三番叟、白山長滝神社の酒惣作翁、白山中居神社の日与十郎作父尉など、翁とその系統の面を集めて有益。地元滋賀の古面では、門外不出の甲津原天満神社面がずらり。尉面の不思議な現実感と、霊面の見ていると不安になる恐ろしさ。仮面は3期のそれぞれで大半が入れ替わるので3回行くしかあるまい…。図録あり(402ページ、3000円)。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/788-38638574

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索