FC2ブログ

Entries

あなたにとって博物館とは何か、博物館は誰のためのものか

 博物館経営論の講義(帝塚山大学)でのアンケート第12弾.。公開する最後のアンケートです。
 ?あなたにとって博物館(美術館)とは何か。
 ?博物館(美術館)は誰のためのものか。
 この二つに答えてもらいました。 

・?知ってはいるのになかなか行かないちょっと遠い場所。?一言でいうなら興味を持って来てくれる人のため
・?心の隙間を埋めてくれるように思わせる。?民衆。
・?出会いの場所。?求めるすべての人のためのもの。
・?知識を増やせるところ。?何かに対して興味を抱くすべての人のためのもの。
・?昔の偉業や知識を知り、学ぶ場所。?学びたい、もっと深く知りたいという願望を持っている人々のもの。
・?自分を育ててくれるもの。?学びたい・知りたいと思う人のためのもの。
・?プラスアルファの知識を与えてくれる場。?すべての国民のもの。しかし、利用するか否かは個人の自由。
・?新たな発見の場。?これから来館者になるかも知れない人を含めたすべての人。
・?過去と未来をつなぐショーケース。?ここにいるみんなで?す★
・?出会い。?必要とする人のため。
・?宝物を見る場。?世界。
・?リラックスできる場所。?利用したいと思う人のためのもの。
・?本物を自分で見ることができ、新たな発見ができる場所。?世界中の人々のため(学ぶ人も、学ぶ気がない人も全部)。
・?未知(知識であり、美、芸術)と出会える場所であり、既知のものを実際に確認できる場所。好奇心を満たすことができる。?“知”を求める全てのひとのためのもの。
・?博物館とは国の文化を知る上でかかせない館(色々ありますけど、言葉では言い表せない)。?博物館はだれのための物でもない。それに理由はない←ナイスガイ。
・?新たな教養の場。?人=全人類のもの。
・?未知の知識を取り入れる場所。?誰のためのものでもなく自由。
・?人類が作った歴史・文化の軌跡を残した建物である。?万人に開放された場である。また未来の人々のための場である。
・?新しい知識・感性を手に入れる所。?地域に住む人々のものであり、新たな発見を見つける人のもの。
・?学習施設。?必要としている全ての人々のために。
・?資料の調査、ヒントを得る場所。新しい知識を手に入れる場所。?研究者は資料調査願をだすことによって倉庫内の資料を見せてもらうこともできるので、展示は一般の学びはじめたい人、予備知識がない人向けであるべき。
・?自分の好きな展示をしていれば行こうと思う場所。?博物館を必要とする人のためのもの。
・?楽しみたい場所。?全ての人のためと言いたいが、言い切れないのが現状。
・?なんか満たされた気持ちになれる所。?(自己中心的な意味ではなく)一人一人が自分のために展示してくれたんじゃないかと思えたら良い。

ネタ
・?思い出の場所。?純粋だったあの頃の二人だけのもの。
・?なんだろうね。わかんないや。?オレ以外のすべての人のものじゃないかな。

 博物館を必要とする私、博物館を必要とする人たち、これから博物館を必要とする未来の人たち、だれのために博物館があるのか、私自身も問い続けていきたいと思います。「一人一人が自分のために展示してくれたんじゃないかと思え」る展示。至言をいただきました。

観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/79-3c223d47

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索