FC2ブログ

Entries

東大寺本坊「東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達展」鑑賞記

8月6日、夏休みの子を連れて、東大寺大仏殿で慰霊と平和祈念ののち、鹿と世界の人々の間を縫いながら本坊へ。

東大寺本坊
 東京藝術大学が育む文化財保護の若き担い手達展
(7月27日~8月7日)

 東京藝術大学文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室の院生が、研究のため模刻・修理した仏像を、研究内容の詳細パネルとともに紹介。模刻による原像製作者の追体験を通じて体験的に得られた技法、構造の工夫やノミさばきなどの特徴を、理論として叙述する大切な取り組み。東京芸大所蔵の日光菩薩坐像など、目を凝らしても本物かと見紛う出来映え。東大寺中性院の弥勒菩薩立像の構造模型、その複雑さが一目で分かり、有益。修理が行われた個人所蔵の鎌倉時代の阿弥陀如来立象も展示。このたび同研究室によって新造された磐梯山慧日寺の薬師如来坐像についても、仕上げ検討用の縮尺像とともにパネルでその製作過程を紹介。同研究室の毎年の活動を紹介した分厚い年報は、寄付金の納付により入手可能。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/802-093c81a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索